信金と相談して行うのが良いでしょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
金 成一

金 成一
飲食店コンサルタント

3 good

信金と相談して行うのが良いでしょう。

2011/01/11 12:18
(
5.0
)

まずはご質問ですが、この提案はお父様がなさったのでしょうか。
それとも金融機関の方がなさったのでしょうか。

お父様がなさった提案だとしますと、himiko様がローンを
組むことができるか否かがまず問題となると思います。
現状で根抵当に入っている土地を担保に借り入れを行うことに
ローンを貸し出す金融機関がすんなり貸し出すとも思えません。
ただでさえ自分が利用する以外の目的での不動産取得には
慎重になっているご時世です。
返済が先か、融資が先か、抵当抹消が先か、などの
諸問題がありますので、具体的な絵を描いて信金に直接提案することを
お勧めいたします。
(信金の提案であれば、そこら辺はクリアされていると思います。)


もうひとつは、himiko様の返済原資が問題になります。
会社名義であれば取得原価が明確になているはずなので、
土地2000万円の譲渡に関する税金はそれほど大きくないものと思います。
(会社の欠損金の額、土地の取得状況によりますが。)
不動産取得税に関しても、大きな問題にはならないと思います。

今後、himiko様の毎月の返済原資が問題になると思います。
お父様の会社で実質的に毎月の返済をすると思うのですが、
名目上、会社からhimiko様への地代という形で処理せざるを
得なくなると思います。
現在お勤めということなので、これらの地代と給与を
合算で確定申告を行い納税するという形になってきます。
毎月の返済額は必要経費にはならない為、地代相当分が
そのまま所得ということになります。(利息は必要経費にできます。)
himiko様の給料と、地代の金額によっては、
負担が増える場合もあるので、注意が必要だと思います。
(とくに単発で終わるものではないので。)

ご相談の場合、そこまでのシミュレーションを行って
実行なさった方が良いと思われます。

補足

ご相談の場合ですと、昨年話題になっていた
「中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)」の適用で
毎月の返済額などを猶予又は減額してもらうことも可能です。
土地の名変などを行わなくても対応できるかもしれません。
同様のケースはかなりお手伝いしてきました。
(経営改善計画を作成がなければ、金融機関からの今後の評価が
厳しくなる恐れもありますので、計画書は作成した方がいいと思います。)

名義
不動産
土地
金融
返済

評価・お礼

himiko05 さん

2011/01/11 20:48

丁寧なご回答ありがとうございました。この話は税理士の先生から出た案で、信金との話はついていないようです。私としても、今更、ローンを組んだりしてややこしい手続きをするよりは、「補足」に書いていただいたように、返済猶予をした方がシンプルでいいと思ってます。父が万が一の場合にすべて放棄したら、会社名義の土地もなくなってしまうことになるとは思いますが、その時点で、私が会社を引き継ぐかどうか決心すればいいかな、と、今は結論を先延ばしにしている状況です。 父には、まず信金に猶予の話を交渉するよう伝えた段階です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

親の会社の借金返済について

法人・ビジネス 財務・資金調達 2010/12/08 00:09

父親(73歳)は小売業を営んでおり、信用金庫に2000万円の借金があります。
先細りの商売で、月々の返済額が負担となってきたため、返済期間を伸ばして、
月の返済額を減らしたいところなのですが、年齢… [続きを読む]

himiko05さん (東京都/42歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

親の会社の借金返済について himiko05さん  2010-12-08 00:32 回答1件
事業資金の借り換え deersさん  2012-08-28 15:18 回答1件
赤字決算か法人税の支払いがいいのか迷っています。 みかんたさん  2009-03-19 15:03 回答1件
融資が受けられず 田村さん  2014-02-11 16:29 回答1件
融資が受けられず 田村さん  2014-02-11 16:29 回答1件