ハムスターの腹水 - 沖田 将人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

ハムスターの腹水

2010/12/07 12:32
(
5.0
)

 はじめましてアレス動物病院の沖田と申します。

 さてこれは確かに難しい状態なのかもしれません。
 診ていないので文章から推測する一般論とご理解いただきたいのですが、結論から言いますと、特にこれ以上できることというのはないのかもしれません。

腹水がたまるというと次の可能性が考えられます
1. 腫瘍
2. 心不全
3. 肝不全
4. 腎不全
5. 消化管(胃腸)の異常
6. 腹膜炎(たとえば女の子で子宮蓄膿症が破裂した、など)

この中で5,6は開腹手術などの話になってしまうのですが、今の状態からはやはり麻酔のリスクが高すぎて現実的ではないと思います。

1は腹水がたまるほど進行しているとなると手術のタイミングとしては遅いでしょうから、何かするとしたらベータグルカンなどのサプリメント(人間だとアガリクスなどがこれに当たるでしょうか)を試してみるというのも手ですが、ハムスター用のものというのはないので効能外の使用になりますし、これを出されなかったところを見ると主治医の先生は腫瘍の可能性が低いと判断されたか、あるいはこれ以上投薬物を増やして負担をかけたくないと判断したかではないかと思います。

今飲んでいるお薬は主に2~4に対するお薬というところで、これも追加のお薬というのはなかなか難しい状態です。

そうすると、どの可能性だとしても、治療的にはあまり追加できるものがないということになります。

ただ、今は体力がとても落ち、通常なら越えられるはずの冬を越すことすらかなりの消耗を強いられる時期だと思います。

今このタイミングで偽冬眠(偽の冬眠、そのまま衰弱死することも多いです)に入られると、手の打ちようがなくなってしまいますので、人がいない時間も室温が下がらないよう気をつけ(20度前後でキープできるよう)、光の当たりにくいところでの飼育の場合は、人がいない時間もライトをつけ、日照時間が減り過ぎないようにするなどの、環境面の補助が重要となってくるかと思います。

重度の疾患と戦うハムスターさんを看病するというのは、飼い主様にも大きな負担があるかと思いますが、飼い主様あっての治療ですので、無理をなさらず、根をつめすぎずで、不安なことがあったら主治医の先生に相談して、出来る範囲で看病をしてあげてください。

冬期
環境
ハムスター
サプリメント
治療

評価・お礼

mokaku さん

2010/12/07 19:11

沖田先生、回答頂きありがとうございました。
やはり今の状態を見守っていくしかないのですね・・・。

今日になり今まで使えていた手の方も膨れてきて、歩くのもとても辛そうです。
寒くなってきたので温度管理には十分に気をつけて、今私たち家族ができることを精一杯してあげたいと思っています。

本当にありがとうございました。

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ハムスターの腹水

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2010/12/06 20:54

1歳7カ月になる♂のゴールデンハムスターを飼っています。

先週土曜日にお腹のあたりがプクプクして、水のようなものが溜まっている感じがしたので翌日動物病院へ連れて行きました。

結果、「老化により心臓の… [続きを読む]

mokakuさん (大阪府/36歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:ハムスターの腹水 苅谷 和廣(獣医) 2010/12/19 09:10

このQ&Aに類似したQ&A

先住猫と野良猫の共生について ドナ0609さん  2010-12-29 21:01 回答1件
猫のパニック症状について じゃろさん  2015-11-09 02:55 回答1件
犬の血栓について ranmarudyさん  2011-01-16 19:49 回答1件
老犬の子宮蓄膿症について pashminaさん  2010-02-12 21:41 回答1件