2回目の万引きについて - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

2回目の万引きについて

2010/11/19 09:07

はじめまして。

「さくらシティオフィス」の代表者、
行政書士の松本です。

気づいた点などについて、お話させていただきます。

世間では、万引きと軽々しく言われていますが、
その行為は、窃盗罪に該当する犯罪行為なのです。
まず、その事を、しっかりと、理解しておいてください。

あなたが警察署で取り調べを受けた内容、
家庭裁判所が調査等を行うことにより、
どのように処分するかどうかについて、
決められることになるかと思います。

盗まれた側のお店の方が、どれくらい怒っているのか。
あなたが、何を盗んだのか。
どのくらいの金額の物であったのか。
そして、最も大切なことですが、
あなたが、その行為を行ったことに対して、
どれくらい反省しているのか。
その反省の度合いや同じ事を繰り返さないかなどを、
考慮したうえで、あなたが受けるべき処分が決まります。

警察官が言った事を、すべて、
信用するわけにはいきませんが、
取り調べた役所の担当者が、
そのように口にしているのであれば、
不処分ということも、考えられると思っています。

万引きが社会問題化しています。
被害を受けるお店などは、防犯カメラを設置するなど、
窃盗犯である万引き防止対策を講じるために、
経費をかけているところも増えてきています。

万引きを安易な事と考えないでください。
万引きを軽微な事だと思わないでください。

保護観察処分になるかもしれない。
少年院送致処分になるかもしれない。
そのように不安になる。

そのような心配事の種をまいているのは、
まぎれもなく、あなた自身なのです。


反省してほしい。


今後は、このような内容の質問をする必要がない。
あなた自身を取り戻されることを期待しています。
 
     

防止
万引き
窃盗
犯罪

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

万引き

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2010/11/19 03:30

私は今17歳です。
高校2年生の歳ですが高校には行かず
働いています。
私は中学3年生のときに万引きで
私服警備員に見つかり警察に行き指紋や写真
などを取られました。
しかしそのあと家庭裁判所などからなんの連… [続きを読む]

もかにゃんさん (愛知県/17歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

遺産相続 遺言書の隠蔽について mayoibitoさん  2012-06-01 20:55 回答1件
万引きしてしまいました。 9696さん  2008-02-07 08:12 回答1件
損害賠償の妥当額 しずさん  2007-11-12 13:29 回答1件
調停に元嫁が来ない lemonpopoさん  2011-06-10 16:53 回答1件
婚姻費用分担の申し立てについて milkteaさん  2010-06-24 12:44 回答1件