薬事法に関わる商品として訴求するには - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:広告代理・制作

砂川  哲夫

砂川 哲夫
クリエイティブディレクター

- good

薬事法に関わる商品として訴求するには

2010/11/15 16:01
(
1.0
)

美容雑貨、健康雑貨でもダイエットやある病気を改善させるような医療機器的商品について、その効果を広告でもしアピールしたい場合は改正薬事法の基準にしたがってやらなければ規制の対象となってしまいます。

この中で、見直しポイント1「医療機器は疾病の治療等に用いられるものであり、医薬品と同様に保険衛生上の観点からの対策が必要」見直しポイント2「技術・素材や使用形態・リスクにおいて、医薬品以上の多様性を有することに留意する必要。」となっています。さらに医療機器の特性を踏まえた対策を検討すべきものとして、・リスクに応じた医療機器のクラス分類制度・低リスクの医療機器に係る第三者認証制度等。と記されています。公正・中立な第三者による検査等を義務づける仕組み(第三者認証)とすることについて十分な検討を行う。美容雑貨や健康雑貨であっても”医療機器的な訴求を具体的に行いたい”のであればこういったことをしっかり行って第三者認証を受けなければそういった表記はできないことになります。

改正薬事法のポイント
http://www.pmda.go.jp/operations/shonin/info/iryokiki/iryoshinseisoudan/file/yakujihou_point2.pdf

薬事法
医療機器
認証
効果
検査

評価・お礼

uta001 さん

2010/11/22 11:05

ご回答ありがとうございます。
ただ・・ 専門用語が多く、理解が難しい内容でございました。

砂川  哲夫

砂川 哲夫

2010/11/22 11:35

薬事法ですので専門用語が多いのはしかたないと思います。ただ、医薬品や医療器具と同等の表現をしたいのであれば、法的にはここまでやっていかなければならないということをご理解ください。

(現在のポイント:7pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

美容雑貨 健康雑貨に関する薬事法

法人・ビジネス 広告代理・制作 2010/11/15 12:44

弊社でも展開をしているのですが、
美容雑貨の美顔器
健康用の矯正下着など、年々、媒体側や行政より指摘を薬事法の観点から受けることが多くなってきました。

また、今年に入りパワーストー… [続きを読む]

uta001さん (東京都/40歳/女性)

このQ&Aの回答

雑貨 美顔器 矯正下着 パワーストーンの薬事法対策 赤坂 卓哉(クリエイティブディレクター) 2010/11/15 12:54

このQ&Aに類似したQ&A

ダイエットの訴求について 薬事法の留意点 uta001さん  2011-01-05 13:16 回答2件
薬事法 広告表示の規制について 08okazaさん  2009-11-25 17:45 回答1件
健康食品の法律規制を教えてください musa0001さん  2009-02-13 10:42 回答1件
店舗を改装して、広告を大々的に打つ場合 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件