雑貨 美顔器 矯正下着 パワーストーンの薬事法対策 - 赤坂 卓哉 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:広告代理・制作

赤坂 卓哉 専門家

赤坂 卓哉
クリエイティブディレクター

4 good

雑貨 美顔器 矯正下着 パワーストーンの薬事法対策

2010/11/15 12:54
(
5.0
)

健康食品(サプリメント)の規制は、もちろんのこと。
アグネス氏の事例を機に、パワーストーン(雑貨)への規制も強化されてきています。

逮捕までは至らなくとも、
サイトを強制的に、閉じさせられるケースも出てきています。


なぜ「パーワーストーン」が薬事法の規制対象になるのか?

ストーン(石)=雑貨
あくまでも、アクセサリーとして身につけるものであって、
その石が体内へ生理的な作用を起こすという表現はできません。

雑貨である以上、効果はないもの。

また、景品表示法の観点からも
その効果を立証することは難しい以上、「優良誤認」の判定を下されることが高いです。

パワーストーンの表現、
特にネット上での表現は、慎重にしていくべきでしょう。


また・・・
美容雑貨・健康雑貨について
本来、雑貨は薬事法対象外であり、管轄は景品表示法になります。

ただし、近年、美容雑貨やダイエットを目的とした矯正下着などが出始めたことで、薬事法からの規制も強化されています。

美容・健康雑貨が薬事法違反にならないためのポイントは・・
肌表面の物理的な効果のみを訴求することです。

体の内部的な生理的機能に変化を与える、効果がある、治癒・予防等の暗示があればそれは、医療機器としての表現となるため、薬事法違反となります。


矯正下着であれば、物理的に体を固定する。
美顔器であれば、ローラーによって、物理的に肌が持ち上がる。

等の表現にまとめていく必要があります。


広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録 http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社 http://aksk-marketing.jp

薬事法
医療機器
サプリメント

評価・お礼

uta001 さん

2010/11/22 11:04

非常に具体的で、分かりやすい回答でございました。
ありがとうございます。

参考に致します。

回答専門家

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
( クリエイティブディレクター )
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

(現在のポイント:7pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

美容雑貨 健康雑貨に関する薬事法

法人・ビジネス 広告代理・制作 2010/11/15 12:44

弊社でも展開をしているのですが、
美容雑貨の美顔器
健康用の矯正下着など、年々、媒体側や行政より指摘を薬事法の観点から受けることが多くなってきました。

また、今年に入りパワーストー… [続きを読む]

uta001さん (東京都/40歳/女性)

このQ&Aの回答

薬事法に関わる商品として訴求するには 砂川 哲夫(クリエイティブディレクター) 2010/11/15 16:01

このQ&Aに類似したQ&A

ダイエットの訴求について 薬事法の留意点 uta001さん  2011-01-05 13:16 回答2件
薬事法 広告表示の規制について 08okazaさん  2009-11-25 17:45 回答1件
健康食品の法律規制を教えてください musa0001さん  2009-02-13 10:42 回答1件
店舗を改装して、広告を大々的に打つ場合 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件