家計管理について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

3 good

家計管理について

2010/11/22 09:06

hitorioさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、と申します。

『私どもの収入では一体月幾らくらい余暇費用に充てられるのでしょうか?』につきまして、家計管理をおこなっていくうえで、家計支出には様々な支出項目がありますので、教養・娯楽費用に充てられる金額は自ずと限られます。

参考までに、1つの目安として、ふたり合わせた手取り月収金額の2.0%ほどとなります。
よって、hitorioさんの場合、月額1万円ほどとなります。

尚、多くの場合、教養・娯楽費用の資金手当はボーナス収入の一部を充当することになります。

夫婦共働きで収入を得ている多くのご家庭の場合、自分の収入は自分で管理して、生活費など必要な家計支出をお互いに出し合う方法をとっています。

しかし、このような家計管理をしていては自分の趣向品などに多く出費してしまい、思うように貯蓄ができない場合がほとんどとなります。

また、hitorioさんのご家庭のような家計管理の方法の場合、hitorioさんもお気づきの通り、提案者にとって有利な家計管理になってしまう場合がほとんどとなります。

家計管理を行っていくうえで最も重要な目標は、毎月きっちりと貯蓄をしていくことですから、ご夫婦各々の収入から半ば強制的に収入の一部を貯蓄に充当してしまい、残った収入の範囲内でご夫婦各々がお互いにお金を出し合っても、あるいは収入をひとまとめにして管理していってもよろしいと考えます。

尚、毎月の貯蓄目標金額としては、hitorioさんの場合はご夫婦で共働きということもあり、ご夫婦各々手取り月収金額の20%相当額を勤務先の財形貯蓄や給与振り込み金融機関の自動積立定期預金などを利用して、半ば強制的に積み立てていくようにすると、毎月確実に貯蓄することができます。

年に2回は家族旅行ができるように、しっかりと貯蓄をしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

管理
費用
プランナー
給与
金額

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計管理について

マネー 家計・ライフプラン 2010/11/14 23:17

こんばんは。初めてご相談させて頂きます。
収入の管理の仕方で主人と折り合いがつかず悩んでいます。
主人 手取り約32万円 ボーナス 年 70万円+子供手当
私 手取り約12万円 ボーナス 年 50万円 育児勤務中
共… [続きを読む]

hitorioさん (京都府/29歳/女性)

このQ&Aの回答

貯蓄の順序を変えてみては 永野 修(ファイナンシャルプランナー) 2010/11/14 23:33
家計管理について 新谷 義雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/11/15 08:46

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
年収額面830万円 東京在住三人家族 生活費 うーたんさんさん  2011-06-15 13:28 回答2件
家計診断、保険診断お願いします キラキラっちさん  2016-03-24 18:25 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家計診断お願いします ぴぃちゃんさん  2014-06-14 06:08 回答2件