補修でカバーできない損害があれば請求できます - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

中沢 誠

中沢 誠
不動産コンサルタント

2 good

補修でカバーできない損害があれば請求できます

2010/11/09 16:15

こんにちは。不動産法務コンサルタントの中沢と申します。

瑕疵担保責任とは、物件に隠れた瑕疵(不具合、欠陥)があった場合に、これによって生じた損害について賠償する責任のことです。

ここでいう損害賠償の金額というのは、通常はその欠陥を取り除く(=修理する)ためにかかる費用相当額だと考えられています。

そうだとすると、売主が自分の費用負担できちんと補修をしてくれるのであれば、補修とは別に瑕疵担保責任に基づく損害賠償を求めるのは難しいと思われます。

もちろん、補修だけでカバーできない損害があれば、請求できる余地はあります。

たとえば、補修工事を行うために仮住まいを余儀なくされた場合であれば、引越費用や仮住まいの家賃等についても、損害賠償を請求できると思います。

法務
瑕疵担保責任
不動産

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

瑕疵担保責任の件

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/11/09 13:32

お世話になります。
昨年の11月の下旬に新築のマンションを購入しましたが
今年の6月下旬くらいから「キクイムシ」が発生し、
フローリングを全面張り替えることになりました。

マンションの管理会社を通じて… [続きを読む]

sho-otamaさん (東京都/46歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

隠れた瑕疵の補償請求を取合わない仲介業者への対応は kawahiro777さん  2007-02-21 17:10 回答1件
瑕疵担保責任 水漏れ給排水 24歳子持ちさん  2013-02-15 19:22 回答1件
引越し業者による傷について はせくろさん  2008-07-18 11:04 回答1件
水道管の引き込みがなかった 咲きサラダさん  2016-01-22 15:21 回答1件
購入した土地から出てきた薬の瓶 えむこさん  2014-07-10 22:57 回答1件