家計診断について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

家計診断について

2010/11/04 17:22

momoirosangoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今のうちに、少しでも貯蓄を殖やすため、家計診断をお願いします。』につきまして、ご夫婦ふたりの手取り月収金額に占める毎月の支払い家賃の割合は、20.3%ほどですから、支払い家賃が家計を圧迫するような水準ではありません。

また、他の家計支出項目も拝見いたしましたが、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、全体としては家計はしっかりと管理されています。

尚、momoirosangoさんもご記入されているとおり、
・小遣い
・生命保険料
の2項目につきましては、少々多いかも知れません。

収入から各支出項目への資金配分の目安として、お小遣いにつきましては、ご夫婦各々手取り月収金額の10%ほどをひとつの目安にしていただくとよろしいと考えます。

尚、momoirosangoさんの場合、収入10%にしてしまうとお小遣いの金額が極端に少なくなってしまいますので、多少の調整はしてください。

また、生命保険料につきましては、今のところご夫婦で共働きということもありますし、死亡保険の必要性は乏しいと考えます。

もし、死亡保険に加入しているのでしたら、今は一旦、『払い済み保険』に変更していただき、今後、お子様が生まれてから改めて、最適な保障を確保できる死亡保険に加入しても遅くはないと考えます。

今のところは、ご夫婦で終身タイプの医療保険に加入しておけば十分です。

お小遣いの見直しで1万円、生命保険の見直しで1万円ほど、今の家計支出金額から削減できるように頑張ってみてはいかがでしょうか。

家計支出の削減につきましては、momoirosangoさんひとりだけではできるものではありませんので、ご主人様にも生命保険の見直しなどは協力してもらって、家計の赤字を解消できるように頑張ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

管理
調整
削減
金額
変更

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

赤字家計の我が家で改善できること

マネー 家計・ライフプラン 2010/11/04 16:53

現在、結婚して半年です。子供はおりません。
来年、家を建てる計画が持ち上がっています。フラット35Sを利用し、借入額は1800万円程度になりそうです。
家賃並の返済額で、35年の予定です。
家… [続きを読む]

momoirosangoさん (愛媛県/29歳/女性)

このQ&Aの回答

目先だけでなく、長い目でみることも大事。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2010/11/05 11:40
お金の問題は価値観の問題 永野 修(ファイナンシャルプランナー) 2010/11/04 21:49

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
家計診断をお願いします ひよこ5さん  2013-04-12 14:26 回答2件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
家計診断お願いします。 ことこさん  2008-11-06 14:24 回答6件