危険信号! - 滝山 博行 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

危険信号!

2007/07/03 18:57
(
4.0
)

ご質問ありがとうございます。

ご主人のことはご心配ですね。「プレドニン」を服用し続けていることが、体にどんな影響があるかというご質問ですが、「プレドニン」の副作用もさることながら、この半年の間に5回もこのような症状を起こしていることの方が問題ですね。

高熱を出すにはそれなりの理由があるわけですから、熱が下がればよいという問題ではなく、ましてプレドニンを服用すれば、一日なんとか働けるとはとんでもない事ですよ。体の免疫が下がっているところに、強い薬が入るわけですから、体の免疫力は益々ダウンします。

体が悲鳴を上げて叫んでいるわけですから、取り返しの付かないことになる前に、仕事のことより体の安全を優先させてください。

くも膜下出血、心筋梗塞で若い父親がなくなり、奥さんと幼いお子さんが残されてしまった現実をどれほど目の当たりにしたか分かりません。若いからと言って過信したら危険です。

治療家の責任として、プレドニンの副作用がどうのということ、またどんな治療をしたらよいかということ以前の問題として申し上げました。


***************************************
鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
info@hari.gr.jp http://www.hari.gr.jp
***************************************

評価・お礼

あやの さん

先生のお言葉をそのまま主人にぶつけたいです。
職場が同じということもあり、なかなか仕事については強く言えないのですが…
どうしたら主人が自分の体がなにより大事だと気づいてそのために行動するのかが、今は一番の悩みです。

ご回答ありがとうございました。

回答専門家

滝山 博行
滝山 博行
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

白血球が少ない

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2007/07/03 12:55

主人のことなのですが、昔から白血球が少なく、リンパがはれると39度近い熱が下がらなくなることがあります。
具体的には去年末から現在にいたるまで5回その状態になり、うち2回は入院していました。熱が下がりきる… [続きを読む]

あやのさん (兵庫県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

薬の関しては専門外ですが・・・ 山中 英司(カイロプラクター) 2007/07/03 15:01
白血球が少ない 檜垣 暁子(カイロプラクター) 2007/07/04 01:39
薬の効果などは 2007/07/03 13:09
白血球数について 2007/07/05 10:30

このQ&Aに類似したQ&A

踵骨骨折の後遺症の治療について とみちゃんさん  2009-07-25 11:03 回答2件
心臓が痛い fumi6633さん  2008-06-21 08:51 回答4件
緊張型頭痛? シーバットさん  2007-12-05 03:58 回答4件
骨格矯正の方法について 悠久さん  2007-08-16 14:13 回答5件
頭痛から始まった首の痛みと息苦しさ ヒデボーンさん  2011-07-24 10:49 回答2件