離婚における留意点 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚における留意点

2010/10/20 18:48
(
3.0
)

はじめまして。

離婚相談に関するWebサイトを運営しております、
行政書士の松本です。

気づいた点につきまして、
書かせていただきたいと思います。

妻から申し立てられた今回の家庭裁判所における手続きは、
夫婦の間で、お互いに話し合いができない状況になったため、
話し合いの場を設ける必要性が生じた結果として、
行われたものだと受け止めておいてください。

決して、あなたが訴えられたわけではありませんので、
萎縮してしまわないようにしてください。

あなたに確認していただきたいことを書いていきます。


1.あなたに明確な離婚の意思が存在している。
 
2.夫婦関係を修復することが極めて困難な状況であり、
  すでに、夫婦関係が破綻していると考えられる。
 
3.現在、同居している義母とお子さんたちとの関係を、
  これから、どのように、かかわっていこうとしているのかについて、
  明確な方向性とビジョンを持っている。

4.ここに至った経緯について、あなた自身が自分自身の事を、
  徹底的に客観視して、十分、把握できている。
 
5.妻が家出するといった行動の原因について、
  理解できないなど、あいまいな点が、ほとんどない。


1~5について、順次、
紙に書き出すなどして、確認してみてください。


あなたが、調停で、何を準備して、
どのように対応するかの一端に、
気づくことができるように思います。
今一度、整理してみてください。


親権、慰謝料、養育費など、
ご質問内容にありました個別具体的な事項は、
あなたが離婚する意思を固め切っているかどうかや、
夫婦関係が破綻してしまっているかなどについて、
十分、確認してから行ったほうがいい。

そのように考えております。


あなたの参考材料の一つとして、
お役立ていただければ、幸いです。
 

養育費
親権
慰謝料
離婚
調停

評価・お礼

minnahare さん

2010/11/22 12:23

回答ありがとうございました。
参考になりました。

松本 仁孝

2010/11/22 13:42

 
評価くださいまして、ありがとうございます。

参考にしていただけて、
うれしく思っております。

ありがとうございます。
 

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家事調停への対応と離婚までの注意点は?

恋愛・男女関係 離婚問題 2010/10/20 11:03

今年9月中旬から妻が家出をし、先日裁判所より夫婦関係調整調停に関する書類が届きました。

詳しい内情:
子供3人みな小学生です、12歳男(知的障害児)、9歳女、6歳男。
結婚して12年… [続きを読む]

minnahareさん (東京都/33歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

離婚すべきか悩んでいます。 あすたさん  2010-10-31 15:22 回答1件
娘の離婚について相談します nisimukiさん  2014-02-16 12:59 回答1件
離婚後半年 慰謝料請求はできる? m-coffeeさん  2012-09-07 16:31 回答1件
離婚したくない。婚姻費用 yurieさん  2008-05-06 15:09 回答1件