現実的な対処方法として。 - 峰平 宣明 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

峰平 宣明 専門家

峰平 宣明
マンション管理士

1 good

現実的な対処方法として。

2010/10/20 08:37
(
5.0
)

マンション管理士です。

上述の弁護士の先生がおっしゃるとおり、管理会社は区分所有者の集まりである管理組合と委託契約をしており、一般的な契約の範囲では管理会社が独断で費用の発生する修繕を行うことはできません。
(管理会社は管理組合にお伺いをたてて、許可されてから動きます。)

とはいえ管理組合も日常管理を管理会社にお任せしていて、主体的に動こうとする管理組合が少ないのも現状です。
(マンションにお住まいの方々は自分の仕事の方が忙しい等の理由で管理組合役員になっても真剣に取り組まない傾向があります。)

恐らくですが、管理会社は契約対象外との認識があり、積極的に取り組む意思に欠けており、また管理組合も管理会社から報告は受けたが現状認識を積極的に捉えようとしていないがために結果的に対処に時間がかかっているのだと思われます。

被害状況を写真等で記録して、至急改善されるよう要請文書を添付して、管理組合理事長宛に送付するのが専決でしょう。
とはいっても誰が理事長なのかがわからないと思いますので、管理会社に連絡して理事長名を確認するのも一つの手ですが、管理会社は個人情報等の理由で理事長名を教えたがらない傾向がありますので、マンションで出向いて管理員等に事情を説明して文書を理事長へ渡すようお願いしてみるのが一番現実的だと思います。(もちろん文書には期限を設けて回答頂くように記しておくことが大事です。また管理員の名刺をもらっておくのも大事です。)

被害
管理組合
マンション管理
マンション

評価・お礼

koutan さん

2010/10/30 12:09

ありがとうございました。
管理会社の方にもそれなりの言い分があることはわかりました。
一応一方的に面倒事を逃げているだけではない事がわかったので、少し冷静に管理会社に理事会の方に早めに対応して頂けるように連絡をしてみて、その後も対応が変わらないようであればまた直接、理事長さんにかけあいたいと思います。

回答専門家

峰平 宣明
峰平 宣明
( マンション管理士 )
峰平マンション管理士事務所 マンション管理士

目先の利益を追わず、困っている人に徹することを第一とする。

まだまだマンション管理士の認知度が低いので、広く普及していくよう、仕事はなるべく安価で請け負わせて頂いています。また専門家ぶらずにわかり易い言葉での説明を心掛けています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

自宅の上にあるマンションとのトラブル。

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/10/19 23:42

現在の住まい一軒家です。自宅の上は元々山でそこを整地し分譲の100世帯くらいのマンションが建っています。
マンションには共有庭と小さなグラウンドもあり、自宅とマンションには4階建… [続きを読む]

koutanさん (鹿児島県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

相隣関係のトラブルですね 松野 絵里子(弁護士) 2010/10/20 07:52

このQ&Aに類似したQ&A

住宅の雨漏りについてです ゆきおさん  2014-07-08 18:13 回答2件
【立退きキャンセル被害】賃借人:賃貸マンション契約者 あーひ0519さん  2013-10-04 18:22 回答1件
リロケーション(定期賃借)委託会社の無断契約 Joe1234さん  2012-05-13 14:51 回答1件