生きがいとは - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心と体の不調

生きがいとは

2010/10/10 18:14

たしかに今は趣味もしたくない、しようとしても体がついてこない状態と思います。
仕事の時間を短くしてもらった頃から、うつ状態であったと思います。
消えたいとか、死にたいとか、介護する家族がいるのでそれも言えない。八方ふさがりであると思います。

介護は必要な方の状態はわかりませんが、ヘルパーやデイサービスを利用するとか
あなた自身への負担を少しでもい減らすこと。あなた自身も精神科で処方を出してもらい、仕事がない状況であれば、デイケアなどに通うこと。

そうすれば次第に状態は変わってきます。ですので、早めに精神科クリニックか病院へ。

補足

癌などはやはり今後の生活には不安があると思います。

でも、何か速攻で心療内科や精神科の必要を感じないというコメントがあります。
驚いています。
精神科等への差別観を感じます。

第一、腫瘍精神科と言うのがあり、患者さんと一緒に今後の生活を考える、あるいは
不安が続くなら訪問看護、往診も行うというのが精神科医にはできます。

無理に出かける必要はありませんし、カウンセリングはその多くが保険診療以外で、
時には一回5千円~1万円と金額的な負担もあります。
精神科、心療内科などでは、自立支援医療と言って1割負担の制度もあります。

カウンセリングの先生は、口コミでもよい先生に当たるといいですが、その方の経験や体験などが影響することも多いでしょう。処方は必要と思います。

趣味
病院
精神
家族

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

気分の落ち込み

心と体・医療健康 心と体の不調 2010/10/10 17:14

今年、卵巣ガンがみつかり手術をしました。
卵巣、子宮、足の付け根のリンパを切除しました。
さいわい転移はなく数か月の自宅療養の後仕事復帰しました。

が、無理をしすぎたのか
手術の後遺症がでて先月いっ… [続きを読む]

shichanさん (北海道/43歳/女性)

このQ&Aの回答

気分の落ち込み 木村 和夫(鍼灸師) 2010/11/04 15:12

このQ&Aに類似したQ&A

気分の落ち込み shichanさん  2010-10-10 17:14 回答4件
彼が病気で変わってしまいました。 さんご588さん  2014-01-14 00:51 回答1件
どうしたら良いのでしょうか? bonobonobonoさん  2014-12-23 21:27 回答1件