左内側側副靭帯損傷 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

足首の剥離骨折

回答数: 1件

骨棘って何ですか?

回答数: 16件

閲覧数順 2016年12月02日更新

伊佐 和敏

伊佐 和敏
カイロプラクター

3 good

左内側側副靭帯損傷

2010/10/14 01:13
(
4.0
)

初めまして。スポーツカイロプラクターの伊佐です。
10月3日にご投稿頂いたのに大分時間が経過してしまい申し訳ありません。その後膝の状態は如何でしょうか?

スポーツカイロプラクター/アスレチックトレーナーとしての意見ですが、アイシングを温める時期に行うのは間違っていません。しかし行うタイミングは重要です。一般的に(発症から10日経っているので急性期ではないと仮定して)運動前には温めて運動後には出来るだけ早く冷やします。運動後に冷やすのは運動したら筋肉等の組織が熱をもち、その状態が軽い炎症状態と同じなのでアイシングをして落ち着かせます。

リハビリの内容ですが基礎的で簡単な内容からサッカーに必要な動きが出来るまで段階的に行う必要があります。この「サッカーに必要な動きのリハビリ」をやったかやらないかで復帰後の怪我の再発生率が大きく変わりるので必ず行ってください。

色々なリハビリはありますが、たっきぃさんの現時点での膝の状態(可動域、痛みの強さ、筋力、固有受容能力)が不明なのでコメントは出来ませんが一度スポーツ障害のリハビリの専門家に行かれることが早期復帰が出来る早道と思います。


イサ・スポーツ・カイロプラクティック
伊佐 和敏,DC,ATC,CCSP,ICSSD
http://isc4pp.jp


千葉県浦安市猫実1-21-30
エパック・ファミリーゴルフスクール2階
047-701-8237

障害
千葉県
トレーナー
カイロプラクター
カイロプラクティック

評価・お礼

たっきぃ さん

2010/10/14 01:49

ご回答頂きまして、ありがとうございます。

アイシング、温めるについてわかりやすく説明を頂きありがとうございます。
非常に活かせれる回答であったとありがたく思っております。

本来であれば、専門家に診てもらう事がベストであることは承知しておりますが、
現役を引退し今は社会人サッカーですので、どうしても優先順位が仕事になります。

そのなかでとても自分自身納得できる回答を頂き、感謝しております。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

左膝内側側副靭帯

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2010/10/08 11:02

10月3日にサッカーの試合で左膝内側側副靭帯御を損傷しました。病院で診察をした結果、全治3~4週間程度といわれました。

焦ってはいけないとは和っているのですが、できるだけ早く復帰をしたいと思ってお… [続きを読む]

たっきぃさん (大阪府/32歳/男性)

このQ&Aの回答

左膝内側側副靭帯損傷について 市原 真二郎(カイロプラクター) 2010/10/08 23:37
膝関節内側側副靭帯損傷による合併症 岩崎 治之(柔道整復師) 2010/10/10 16:20

このQ&Aに類似したQ&A

膝の関節音と違和感に悩んでいます MARIMOさん  2010-01-15 12:32 回答1件
肩痛についての治療 jinsugiさん  2008-07-01 11:24 回答3件
治療方法があったら教えて下さい メロンボーイさん  2008-01-31 14:35 回答4件
結石の予防方法について ユウマさん  2008-01-29 17:56 回答3件
頚の不調 オサムさん  2007-12-24 15:38 回答4件