基本的に無理に近いです   - 鈴木 豪一郎 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

鈴木 豪一郎 専門家

鈴木 豪一郎
宅地建物取引主任者

1 good

基本的に無理に近いです  

2010/10/08 10:14

デコラーさん

不動産ドクターの鈴木です。

建築基準法上の建築確認申請の必要要件は
建物の“過半”を占める工事ですので
間仕切り壁を撤去するような工事はその付帯工事まで勘案すると
大規模修繕に該当すると思われます。

仮に建築基準法上は大規模修繕に当たらなくとも、
この建物の構造特性上、主要構造躯体に影響を与え、建物の強弱に
影響を与える工事になります。
よって、建築確認が必要になります。

次に、マンションの区分所有法上の観点でも
構造上主要な壁は共用部分(またはそれに類するもの)と解される場合が有りますので
その場合、理事会の決議や承認が必要となります。

間仕切り壁が構造耐力上必要な壁かどうかは、
レントゲンを撮ると解ります。
鉄筋が入っているのかいないのか機械を当てて診断する方法です。

もしかしたら(可能性は薄いですが)、鉄筋なしのただのコンクリートかもしれません。
その場合は、取り壊したとしても構造耐力上影響を与えないこともあります。

いずれにしても、お近くの一級建築士事務所にご相談されることをお勧めします。

補足

私の経験上、レントゲンは数万円程度(2~10万円程度)でできます。
規模や構造、マシーンの種類により変わってきます。

今後のためにも一度試されてみてはいかがでしょうか?

建築士
一級建築士
建築
マンション
診断

回答専門家

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
( 東京都 / 宅地建物取引士 )
不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント
03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産クリニック 不動産総合ドクター

不動産売買にはトラブルや落とし穴がつきもの・・・“重要事項説明”だけではそれらは回避できない。不動産購入売却は人生の一大イベント850件以上のケーススタディーに基づき、細心の注意力と最新の技術で“安全”“安心”“満足”を目指します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅リフォーム

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/10/07 13:59

RC造の建物でコンクリート造の壁を壊して間取りを変えるリフォームを
考えています。

出来るのか?教えてください。

因みに30年以上も前の建物で構造計算書など何も残っておりません。
間仕切り壁の全てがコンクリートブロック造ではなくコンクリート造で出来ております。

デコラーさん (愛知県/38歳/男性)

このQ&Aの回答

大変難しいです 小松原 敬(建築家) 2010/10/07 14:32

このQ&Aに類似したQ&A

注文住宅でのトラブル サイパンダさん  2015-04-06 23:28 回答3件
2×4の耐力壁について さいきさいかさん  2015-03-03 00:16 回答2件
約18坪の狭小地に店舗併用住宅を建築するにあたって デイテさん  2013-11-06 19:17 回答4件
構造柱について StingEBTGさん  2012-09-23 14:44 回答1件