しばらくの辛抱 - 小川 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

- good

しばらくの辛抱

2007/07/03 11:29

生後2ヶ月ちょっとということは、まだ散歩には出られない状態ですよね?
最後のワクチンを打つ前くらいは、だんだん成長してきて体力がつくものの散歩に出られないというジレンマの時期で、いたずらが激しくなったりハイテンションになったりします。
きっとhundさんのワンちゃんもその時期なんだと思います。

散歩に出られるようになれば、エネルギーも発散できストレスも減ります。

ですから、散歩に出られるようになるまであと少し、家の中で何とかエネルギーを発散させるように、トレーニングをしたり何か噛むおもちゃを与えるようにしてください。
※山田先生がおっしゃったしつけ用おもちゃは、食べ物が中に入れられるような物(コング、ビジーバディーなど)だと思います。違ったらごめんなさい(>_<)

散歩に出るようになってもあまり変化がない場合は、ワンちゃんとのコミュニケーションがきちんと取れていないことによるストレスの可能性がありますので、その時は専門家に直接アドバイスを受けることをお勧めします。

最後に、アロマセラピーはあくまでも補助的なものですから、それだけで落ち着くことを期待しない方が良いと思います。
まだまだ生後2ヶ月ちょっとですから、hundさんがワンちゃんとどのように接したら良いのかを知る方が効果があるはずです。
犬との接し方をきちんと身につければ、必ず落ち着いたコになりますよ。

補足

「まだしつけ教室どころではない」とおっしゃっていますが、しつけ教室等は良いコ(落ち着いたコ)しか行ってはいけない所ではないです。
しつけ教室は、あらゆるタイプのワンちゃんがそれぞれの目的を持って通う所です。
子犬であれば社会化にはとても良いですから、ぜひしつけ教室(パピークラス)に通うことも考えてみてください。

回答専門家

小川 亜紀子
小川 亜紀子
( しつけインストラクター )
Dog Signal

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

気が狂ったように走りまわる

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2007/07/01 10:10

トイプードルを飼い始めました。生後2か月ちょっとです。我が家にもすぐなじんでくれたようで(という風にみえる)マンションの室内でケージに入れてトイレシートと屋根つき布ハウスを入れています。吠える… [続きを読む]

Tiaraさん (東京都/45歳/女性)

このQ&Aの回答

普通の子犬だと思います 中西 典子(しつけインストラクター) 2007/07/04 11:36
発散のしかた 2007/07/02 15:49
しつけ用おもちゃ 2007/07/02 15:57

このQ&Aに類似したQ&A

犬の多頭飼いについて chamichamiさん  2008-10-15 13:15 回答1件
首輪に慣れさせる とうがらしさん  2008-06-30 19:13 回答1件
ウンチをもてあそびます Tiaraさん  2007-11-02 12:47 回答1件
はじめての仔犬を迎える準備 saoさん  2007-07-26 22:16 回答5件