自傷・衝動行為に対して - 茅野 分 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

茅野 分 専門家

茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

- good

自傷・衝動行為に対して

2007/07/01 15:54

通院・服薬を継続しているものの、情緒不安定や自傷行為などが治まらないとのこと、心よりお見舞い申し上げます。

現処方ですが、SSRIという抗うつ薬とベンゾジアゼピン系の抗不安薬を重複されています。しかし上記のような衝動性が治まらないようですから、再考の余地があると思います。具体的には抗不安薬を減量しつつ、''気分安定薬(リーマスやバルプロ酸など)''を併用することをお勧め致します。それでも治まらない時には''抗精神病薬(リスペリドンやオランザピンなど)''も一考です。

なお、リタリン(一般名:塩酸メチルフェニデート)は「精神刺激薬」で、むしろ''不安・焦燥が増悪''したり、''依存・乱用''したりする恐れがあるため、一般的には回避されるべきです。

一方で薬のみでなく、ご自身の''気持ちや考え''を常日頃から''書き留める''ことをお勧め致します。これにより不安や焦燥から直ぐ行動化することを防ぎ、''熟慮・検討''する習慣がつくことと期待されます。そしてご自身を''客観視''することもでき、''冷静・沈着''な行動へつながります。どうぞお大事にして下さい。

茅野 分(銀座泰明クリニック)

補足

銀座泰明クリニックのリンクは以下へ移転しました。
http://ginzataimei.com

回答専門家

茅野 分
茅野 分
( 東京都 / 医師(精神科) )
銀座泰明クリニック 院長
03-5537-3496
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病などに関して、お気軽にご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

うつの自傷行為について

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2007/06/30 22:56

病院に通院して、8か月になりました。2週間の短期入院も経験しました。ここ1ヶ月程 1日に1回位 今までの生活の中でたいした事の無いことで 怒りを通りこし 激情してしまいます。それが、自分を傷つけ… [続きを読む]

ユランさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

兄を彼女と別れさせたい みゆぅさん  2008-07-04 12:14 回答1件
統合失調感情障害の人との正しい接し方 ゆき100さん  2013-06-23 23:58 回答1件
妄想性障害 ゆうあいさん  2009-11-08 07:40 回答1件