猫さんの糖尿病検査、治療について - 沖田 将人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫さんの糖尿病検査、治療について

2010/09/17 08:08
(
5.0
)

 こんにちはアレス動物病院の沖田です。

 さて、糖尿病の検査、治療、評価は確かになかなか難しいですね。

 学者さんによっては病院での採血はストレスで上がってしまうので入院での検査はすべきではないという方もいるようですし、それでも指標の一つとしてフードを与えた直後とインシュリンを打った2時間後、6時間後は最低チェックし、あとは尿検査を毎日自宅でしてもらうべき、という方針の学者さんなどもいます。

 血糖値とGPTの低下もおっしゃるようにステロイドをやめたおかげなのかインスリンが効いたおかげなのか現時点では判断がつかないです。

 採血などに極度のストレスを感じてしまう猫さんも結構いますので、文面だけでそちらの病院様の是非判断は難しいところですが、一度セカンドオピニオンとして別の病院での診断を受けてみるというのも一つの手だと思います。

 いきなり転院までしてしまうと、元の病院の治療が正しかった場合に戻りづらくなってしまうかもしれませんが、人間でも他の病院で診断してもらい、セカンドオピニオンとしての意見を求めるのは当たり前になってきている世の中です。

 動物病院でも飼い主様が不安を感じたときに、その解消として、ほかの病院に診察、検査を受け、意見を求めるのはけして悪いことではないと思います。
 
 糖尿病など長く戦わなければいけない病気はなおさら、不安を感じたままで戦い続けるのは非常につらいものです。
 セカンドオピニオンの意見次第では、すっきりわだかまりが解けて、今後の治療に専念できるということもあると思いますので、一度検討してみてはいかがでしょう。
 
 

糖尿病
治療
ストレス
診断

評価・お礼

にゃん太のママ さん

有難うございます。
近々、猫が元気でいるうちにセカンドオピニオンを受けて今度の参考に
して行くことにします。

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

転院について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2010/09/17 01:16

こんにちは
先日猫のステロイドの副作用の疑いのある糖尿病について相談した者ですが
その後の病院の診断や治療の内容にどうしても疑問がぬぐえずにいるので
相談しました。

まずインスリン投与についてですが、… [続きを読む]

にゃん太のママさん (北海道/46歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:転院について 苅谷 和廣(獣医) 2010/09/20 09:32

このQ&Aに類似したQ&A

チワワ 胆嚢切除手術後の嘔吐について ちょこ2103さん  2015-04-13 22:20 回答1件
ステロイド治療後の膵炎 moai0811さん  2015-02-23 15:24 回答1件
病犬の食餌に関して エツディさん  2014-03-13 17:09 回答1件
転落事故後の猫の肝臓について ろびまむ1号さん  2013-06-23 04:04 回答1件