光の感じそのものが違う、という認識は必要ですね。 - 岩間 隆司 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

光の感じそのものが違う、という認識は必要ですね。

2010/09/01 11:22

住宅建材のなかでも、LED照明器具は、エコ・省エネ指向の
ながれから 実に ポピュラー な器具になってきましたね。
私も、メーカーさんの ショールームなどで研究しています。

ひとつ こころがけていることがあります。
エコ・省エネ指向 から 従来の白熱灯を LEDに取替える
という発想になりがちですが(もちろん、正解なのですが。)
そもそも
従来の白熱灯やクリプトン球 と LED(白熱色であっても)
光 の 感じが違うんだ ということです。
実際にご覧になってみてみてください。


担当者のかたの曰くの
・LEDダウンライトは専用のソケットを必要とする。
 →寿命が切れた時にはソケットごとの交換となるので工事が必要。
・LEDは暗い

というのは、たしかに その通りだと、私も思います。

ただ、
そもそも、部屋全体を明るくたもっている必要があったのだろうか‥
と、ふっと考えたことがあります、
この機に、現代の日本人の生活スタイル、そのものも見直されても
よいのかもしれませんね。


電気店の LED電球でも、まったく問題はないのですが
そもそも 光の感じが 違うのだ ということは 認識されたほうが
よいと 思います。


以前 blog にも書きましたのでご覧ください。
http://ti-socius.blogspot.com/2010/05/blog-post_16.html

省エネ
住宅
部屋
照明
生活

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
( 東京都 / 建築家 )
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

(現在のポイント:22pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

LEDダウンライトについて

住宅・不動産 インテリアコーディネート 2010/09/01 10:47

家を新築することになり、ただいまインテリアの打ち合わせをしているところです。
天井高3.2mのLDKの照明についてご相談させてください。

天井が高く交換が大変だろうと予想して、交換頻度の低いLEDダウ… [続きを読む]

vanivani48さん (栃木県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

LED照明のメリットとデメリット 吉田 武志(建築家) 2010/09/01 12:07
電球型ダウンライトの場合は大丈夫です 小松原 敬(建築家) 2010/09/01 15:18
2つの考え方があります 石川 嘉和(建築家) 2010/09/01 12:02
電球の寿命と交換の手間を考慮して 市川 均(建築家) 2010/09/01 13:03
それ以外に注意する点として。 松田 芳枝(インテリアコーディネーター) 2010/09/01 18:59

このQ&Aに類似したQ&A

リビングのインテリアについて cbs26980さん  2010-05-27 21:03 回答7件
書斎のインテリアについて naonardoさん  2009-10-27 07:32 回答2件
リビングのインテリアについて Marimo0218さん  2010-08-12 23:08 回答2件
LDにおけるインテリアのテイストの揃え方 おしさん  2010-08-01 17:59 回答2件
インテリア 色や素材を揃えての個性の出し方 うし子さん  2010-03-04 14:24 回答1件