老後の住宅について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

老後の住宅について

2010/08/31 17:22

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『いったいどちらが安全で割安なのでしょうか。』につきまして、賃貸で住み続けた場合と住宅ローンを組んで住宅を購入した場合とを比較した場合、キャッシュフロー表を作成してみると、多くの場合で住宅ローンにはローン金利がかかってしまう分、賃貸で住み続けるよりも特に住宅を完済してしまうまでの期間は割高に推移します。

しかし、住宅ローンを完済した後からは住宅を購入した場合の方が、毎月の支払い家賃がかからなくなる分、割安に推移していくことになります。

単純に同じ条件で比較をした場合には、住宅ローンを組んで住宅を購入するよりも賃貸の方が割安に済むと思われますが、もし、賃貸に住み続ける場合、定年を迎えて収入を見込むことができなくなってからも、以降の支払い家賃に備えてしっかりと貯蓄をしておく必要があります。

特に、長生きをすればその分だけ支払い家賃も必要となります。

これに対して、住宅ローンの場合は必ず完済しますので、一生涯支払い続けなければならないという心配はありません。

そういったことも含めて、将来の住宅をどうするのかを決定してください。

特に老後は思わぬ出費があるものですから、そういった点も考慮した場合、家計支出の中でも大きな割合を占める住居費用につきましては、かからないに越したことはないと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
購入
安全
老後
備え

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

老後の住宅について心配があります

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2010/08/31 16:05

老後の住宅について、マンション・住宅を購入するより賃貸しつづけようとと割り切って生きていこうと思っています。もともと戸建てよりはマンション派ですし、マンションを購入しても修繕積立金や… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

買うべし! 黒澤 文子(英語講師) 2010/08/31 16:31
老後の住宅について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/31 17:43
購入をお勧めします。 新沢 奈穂子(宅地建物取引主任者) 2010/08/31 17:11
人生設計により判断 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/09/01 23:01
老後の住宅の心配もあると思いますが、人生満足していますか? 道廣 和男(ISOコンサルタント) 2010/09/03 07:22

このQ&Aに類似したQ&A

子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
両親の老後 salem1418さん  2014-12-11 11:12 回答2件
40代マンションを買うべきか否か。 naranjaさん  2010-08-21 00:33 回答10件
親の老後の生活費について kkTKさん  2011-01-26 19:20 回答3件
老後の仕事にはどんなものが? 専門家プロファイルさん  2010-07-22 16:03 回答5件