教育資金と老後資金について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

教育資金と老後資金について

2010/08/17 18:14

ささかまねこさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今後の教育資金と老後資金で、どれくらい必要かを教えてください。』につきまして、お子様の教育資金につきましては、将来、私立に進学するのか、あるいは公立に進学するのかにより、また、文系の大学に進学するのか、あるいは理系の大学に進学するのかにより、教育資金は大幅に異なることになりますが、大学を私立文系とした場合、幼稚園から大学を卒業するまでにかかる教育費用として、1,400万円ほどはお考えいただく必要があります。

また、老後資金につきましても、毎月の家計支出金額により、また、老後に予定している、例えば、旅行をはじめとするライフイベントの予定や費用などにより大きく異なることになりますが、ひとつの目安としては3,000万円となります。

尚、いきなり数字だけをみた場合、到底準備できそうもないと思われるかも知れませんが、家計の現状を把握したうえで、生命保険の支払い保険料を含めて家計を見直しすることで、また、今後の給与収入を得られる期間につきまして、再就職などにより延長することなどで十分に対処できますので、今からできることをひとつずつ解決していくようにしていってください。

尚、多少費用がかかってしまいますが、私どもファイナンシャル・プランナーなど専門家のアドバイスを受けてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
イベント
給与
金額
解決

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

高齢出産、教育費と老後資金

人生・ライフスタイル 老後・セカンドライフ 2010/08/15 14:52

今年妻36歳、夫50歳で子供を出産しました。
妻は無職。夫は60歳で定年予定です。
ローンなし。
夫 月手取り25~35万。ボーナス(年2回)各手取り35万。
貯蓄額約2000万。
車1台所有。
退職金は100… [続きを読む]

ささかまねこさん (埼玉県/36歳/女性)

このQ&Aの回答

ご質問の件、お答えします。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/18 11:59
高齢出産、教育費と老後資金 新谷 義雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/15 21:49

このQ&Aに類似したQ&A

現在の資産で私の計画は可能でしょうか。 さかえさん  2013-12-21 21:46 回答1件
子供なし夫婦の住まいについて えのこさん  2014-12-16 15:05 回答6件
子なし夫婦の住まい。 makoco_5116さん  2010-12-27 17:25 回答8件
老後の備えはいつから? 専門家プロファイルさん  2010-07-21 17:56 回答6件
両親の老後 salem1418さん  2014-12-11 11:12 回答2件