住宅建築は受注産業ですから、一般常識とちょっと違うのが現実です。 - 吉田 武志 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

住宅建築は受注産業ですから、一般常識とちょっと違うのが現実です。

2010/08/12 11:15

こんにちは。栃木県宇都宮市で工務店を経営しているヨシダクラフトの吉田武志と申します。主に設計施工で住宅を造っています。

質問を読みましたところ、設計者が図面を描く段階で気づくべき所だったと思います。

施工者も、もっと早めに気づいて設計者に連絡し、現場で施主、設計者、施工者の3者で打ち合わせをして対応すべきでした。

しかし、誰でもミスはあるものですから、3者で建設的に考えたほうが、物事は上手く進みます。このミスを最小限に抑えた住宅がハウスメーカーに代表される既製品を使った工業化住宅です。しかし、全く同じ住宅は1軒もないことから、業化住宅でもミスはなくならないようです。

費用の負担の話ですが、一般常識に照らし合わせて考えれば、設計者が負担すべきですが、
住宅建築は受注産業ですから、一般常識とちょっと違うのが現実です。(受注産業の業態では他の業界でも当然なのかもしれませんが)

設計者がお客さんから直接受注した場合、設計者はお客さんの代理人として、施工者の選定や現場監理を行う立場にありますので、施工者に対して優位性を保っているのが現状です。
分かりやすく言うと、工務店は設計者の下請け的立場になります。

今回の場合の費用負担がどうなるのかはわかりませんが、設計者が立場を利用して工務店に
費用負担を強いるということも何度かきいたことがありますので、そうならないといいなと思っています。ご自分から打ち合わせを申し出る設計者さんですから、そうならないと思います。

宇都宮市
栃木県
工務店
住宅
設計

回答専門家

吉田 武志
吉田 武志
( 栃木県 / 建築家 )
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えることで、心地よい居場所を造りたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新築中です。階段の途中で二階天井に頭があたります。

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/08/11 13:06

設計事務所に依頼し、約二年かけて今春やっと着工しました。
階段が出来上がったのですが、玄関吹き抜けにコの字の階段で、
二階吹き抜けホールから玄関を見下ろせるような階… [続きを読む]

かまくらそだちさん (神奈川県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

よく話しあってください 小松原 敬(建築家) 2010/08/11 14:06
新築中です。階段の途中で二階天井に頭があたります。 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/08/11 19:10
プロなら 田中 光一(工務店) 2010/08/12 01:07
まずは、設計士さんの提案を聞いてみましょう。 川口 良子(建築家) 2010/08/11 14:13
1cmは大きいか小さいか? 渡邉 一弘(建築プロデューサー) 2010/08/11 15:05
直してもらった方が賢明でしょう 横山 彰人(建築家) 2010/08/12 10:40
素人だからこそストレートに想いを伝えてください! 西垣 実(インテリアコーディネーター) 2010/08/14 00:02

このQ&Aに類似したQ&A

新築設計費用について でぃーえむさん  2016-05-25 10:43 回答2件
耐震等級2から3への変更 nkk5555さん  2015-03-08 14:51 回答1件
建築士へ依頼するメリット xoxoxoxさん  2009-09-21 11:00 回答6件