原則としては難しいのでは・・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
佐嘉田 英樹

佐嘉田 英樹
不動産コンサルタント

- good

原則としては難しいのでは・・・

2010/08/10 19:48
(
5.0
)

 はじめまして。不動産コンサルティング会社のACMプランナーズ(株)の佐嘉田です。

 さて、Andy3さんのご質問について、まず住宅ローン、フラット35などの商品の資金使途として、例えばフラット35の場合、
 「お申し込みご本人またはご親族がお住まいになるための新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金」
 が要件となります。

 したがって、最初から分割して残余部分を販売することを予定して銀行にローンの申し込みをすると、上記要件を満たしていないために、おそらく拒絶されると思います。

 もし、そのような計画を銀行に話さずにローンを申し込んで、分割するようなプランで設計して、その後残余部分を売却したどのようになるのか。
 この場合、問題になるのは、
・最初土地16000万円+建物建築費でのローン申し込みになるので、その審査基準を満たすのか。(年収等からの借入限度額を超過しないか、あるいは融資上限金額を超過しないか)
・分筆後一部売却に銀行が応じてくれるか(担保割れなどを理由に応じてくれない可能性がある)
等が想定されます。

 いずれにしても、住宅ローンの理念・商品コンセプトから逸脱しているケースと思われますので、すんなり話が進むかは難しいところがあると思います。

 ご参考までに、その他手法としては、
・andy3さんが購入するのと同時に、残余部分を購入する人を別に探す。リスクはないが、そのような人を見つけられるかが最大のポイント。
・残余部分40坪を不動産業者に一旦買い取ってもらって、再販・建て売りなどを考えてくれるといいのですが、当然その業者に価格的なメリットが出るか、リスクはどうかの判断になると思います。
・正攻法として、残余部分について再販を目的として事業用資金として借入申込することですが、その場合にはその事業計画の妥当性や信用力、実績などがポイントになります。
等が考えられます。

 銀行や不動産業者とよく相談されながら交渉を進めることをお勧めします。

売却
分筆
審査
住宅ローン
資金

評価・お礼

andy3 さん

早速のご返答ありがとうございます。
とても丁寧に解説していただき、よく理解できました。
やはり、難しいとのことなので、他の方法を検討したいと思います。

(現在のポイント:10pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

購入予定の土地を担保に住宅ローンを組むことについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/08/10 18:42

例えば80坪で16000万円で販売されている土地があり、買主側が希望している土地は40坪なのですが売主側が分割して販売する可能性がないので、一括で購入して自ら残りの… [続きを読む]

andy3さん (東京都/43歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/11 09:56
賃貸併用住宅というのも一つの手ではあるでしょう 向井 啓和(不動産業) 2010/08/12 15:21

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンが一件通りませんでした。 hirokorianxさん  2010-02-09 11:53 回答3件
どの銀行で住宅ローンを組むべきか? yustさん  2014-03-05 13:12 回答1件
土地を先行購入した場合の住宅ローン控除について knakamuさん  2013-01-21 23:50 回答1件
自宅建て替えでローンを組みたい nora9696さん  2012-10-17 21:37 回答1件