4つの選択肢がります - 梅田 和徳 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

4つの選択肢がります

2010/08/11 06:59

KU歯科グループの梅田です。

http://www.keiwa-kai.com

1 インプラント
  周囲の歯に影響が最も少ない方法です。
  ただし今回は1番奥の大臼歯なので、骨量不足、被せ物の高さ不足が心配です。
  下1番奥周辺の骨の中には神経があるので、手術の場合は注意が必要です。
  更に、咬みあわせの力が強い部位であることも注意事項です。
  移植後の部位であることから、骨吸収(痩せ)があることが予想されるので、
  CTの精密検査を行い検討してください。
  お若いので、インプラントでできるのであれば1番良いと思います。

2 ブリッジ
  1番奥の歯がないので、手前2本の歯を固定源にした延長タイプになります。
  水泳の飛び込み競技のような状況になるので、手前の歯に大きな負担がかかります。
  あまりお勧めできません。

3 義歯
  取り外しの入れ歯です。
  違和感が大きくなるので、使用できるかどうか・・・。

4 放置
  歯は28本全ての歯でバランスが整っています。
  放置すると数ヶ月で、
  ・手前の歯が後方に移動して隙間ができてくる
  ・上の歯が伸びてくる
  ・咬みにくいので、反対側の咬合負担が大きくなる
  といった悪影響がたくさん出てきます。

以上のことから、できるだけ早い対応をお勧めします。
最終的に1,2,3のどれにするにしても、
4の状態になってからでは、治療が大変になるからです。

::::::::::
KU歯科グループ
梅田和徳
http://www.keiwa-kai.com
  

補足

「4つの選択肢があります」

の間違いです。

計画
検査
入れ歯
手術
歯科

回答専門家

梅田 和徳
梅田 和徳
( 歯科医師 )
理事長

歯科治療を総合的に網羅し、患者様に適した治療法を提供します

歯科治療も進歩し、患者様のニーズも高くなっています。専門医制を持たせ、チームで治療に取り組み、最善の治療を快適に提供できるよう努力しています。あらゆる選択肢の中から、最も患者様に適した治療法を提供させていただきます。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

右下奥歯を5年ほど前に再植しました

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2010/08/09 09:53

タイトルの通り、右下奥歯(親知らずの1本前)を抜歯し、その歯の上下を逆に入れ替えるという再植を5年ほど前に行いました。
親知らずは抜歯しています。

抜歯をする前は、痛いということも… [続きを読む]

ichimiさん (東京都/39歳/女性)

このQ&Aの回答

質問にお答えします。 倉田 友宏(歯科医師) 2010/08/09 14:55
抜歯後の治療方法について 永山 幸(歯科医師) 2010/08/09 15:41
お役に立てば幸いです 神谷 忍(歯科医師) 2010/08/15 00:33
吸収が起こっているなら抜歯です。 袋 晃子(歯科医師) 2010/08/09 10:52

このQ&Aに類似したQ&A

歯の根が折れている 3104@さん  2015-10-29 02:27 回答2件
子供の乳歯(奥歯)の抜歯をするか悩んでいます。 3人のパパださん  2013-08-25 22:18 回答2件
右下の奥歯 chaoshinchiyさん  2012-03-12 01:47 回答2件
奥歯の治療 クラウン? アンレー? kanakaanaさん  2010-10-05 02:07 回答3件