売却時 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

売却時

2010/08/05 13:25

はじめまして、ユズココさん。
FP事務所 マネースミスの吉野裕一です。
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/


確かに購入時のドルコスト平均法は有効という話は多く出ますが、出口の話はあまり聞かないですね。


今回のご質問の運用目的が分からない事もありますが、私が長期投資でお話をする場合は老後資金のお話をする事が多いです。

老後資金の場合は、運用で貯まった資金を一度に取り崩すことはせずに、少しずつ取り崩していく事になると思います。

または、積極運用の方法から分配金などを目的とした運用方法に変更する事も考えられるでしょうね。

今回のご質問が老後資金ではない場合では、積極運用から安全資産へ資金の移動をする事も考えられます。

ドルコスト平均法で運用されて、良い運用がされていけば、資産は増えていきますので、増加分を使用時期が近づくにつれて、預貯金などへ移しておくと安心ですよね。

今回、2つの例をあげましたが、どちらもご質問にあるように運用した資金を一度に使うのではなく、取り崩して使ったり、運用商品を少しずつ変更していく案です。

まず、運用目的と運用時期にあった出口もありますので、ご自身がどういった出口があるのかも想定されておいた方が良いでしょうね。

運用
投資
資産
貯金
マネー

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ドルコスト平均法

マネー 投資相談 2010/08/05 12:59

インデックスタイプの投資信託をドルコスト平均法に従い購入していこうと考えています。ドルコスト平均法は定額で購入し続けることで購入平均価格を下げる(平準化)ことができますが、逆に言えば売却する際は定量(同… [続きを読む]

ユズココさん (神奈川県/31歳/男性)

このQ&Aの回答

ドルコストは「効果」ではなく「平均化」 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/05 13:21
売買の時期について 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/05 19:04

このQ&Aに類似したQ&A

特定口座の源泉徴収 とぽとぽさん  2008-12-02 00:53 回答2件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
長期運用の長期とは 浜田さん  2012-01-12 07:41 回答3件
投資信託の継続か解約かについて。 空雄さん  2008-10-21 21:10 回答6件
投資信託と販売会社の選択基準について pokaさん  2008-10-20 22:49 回答6件