胃癌手術後の栄養補給について - 沖田 将人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

胃癌手術後の栄養補給について

2010/08/04 15:26

 はじめましてアレス動物病院の沖田と申します。
 
 さて、手術の状況がわからないので、どこまでやってあげるべきかというのは難しいところなのですが、このままでは食べられないことによって弱り、弱っているので食べられず、の悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか。

 私が以前、猫さんの腸腫瘍の手術を行ったとき、その猫さんははじめ食欲が全くなく、飼い主様と相談して、経鼻食道カテーテルというものを設置しました。
 これはそうめんほどの細いチューブを鼻の穴から食道まで入れ(かわいそうなのですが皮膚に縫いつけ)、このチューブを介して流動食を入れて栄養補給を行いました。

 種類にもよりますが、たとえば3kgのワンちゃんで、流動食が一日160ml飲ませなければいけないとなると、たとえこれを5回に分けても、一回32ml飲ませなければいけないわけで、これをすべて口からというのはおそらく無理でしょう(これが可能なら自分で飲み食いしていると思われます)。
 これをチューブを使い、苦痛なく、直接食道の中に入れるという方法です。
 
 その猫さんは2週間流動食をチューブから入れているうちに、少しずつ食べてくれるようになり、必要量食べてくれるようになった時点で、このチューブを外しました。

 胃の手術の状態にもよるので、必ずしもこの手段が可能かわかりませんし、また飼い主さんの価値観によってはこのような処置を嫌う方もいらっしゃいますので、どこまでやってあげるべきかはよくよく主治医の先生とご相談の上で決められた方がよいかと思います。
 
 ただ、今のアイスや生クリームを少しだけという路線では、遠からず限界が来てしまうのではないかと思われます。

腫瘍
手術
病院
食欲
ガン

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
( 富山県 / 獣医 )
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

犬の胃がん

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2010/08/03 22:42

ヨークシャテリア10歳メス

胃がんと診断されました。
胃と腸をつなぐバイパス手術を一週間ほど前にうけましたが、
いまだに水も注射器などで口にいれなければ飲みません。
ただただじっと寝ているだけです。

… [続きを読む]

kakakoさん (千葉県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:犬の胃がん 苅谷 和廣(獣医) 2010/08/25 10:25

このQ&Aに類似したQ&A

老犬の子宮蓄膿症について pashminaさん  2010-02-12 21:41 回答1件
子宮蓄膿症と診断されました yuki97さん  2009-06-15 02:46 回答2件
嘔吐がひどいです。うちの犬はガンなのでしょうか? Applemint0225さん  2013-02-27 23:10 回答1件