復職支援のカウンセリングはありますが、それだけでは不十分です。 - 見波 利幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
見波 利幸 専門家

見波 利幸
主席研究員

- good

復職支援のカウンセリングはありますが、それだけでは不十分です。

2010/07/28 15:01

カウンセリングも一般的なカウンセラーよりもメンタルヘルスの高度な専門性を持つカウンセラーがベストだと思います。

精神疾患で休職するということは、他の病気やケガで休職する場合と大きく異なるということを理解する必要があります。一つは病気に関する不安。本当に治っているのか、再発するのではないかという不安が高まります。もう一つは復帰に対する不安。皆に迷惑をかけたのではないか、皆快く受け入れてくれるのだろうか、もう昇進できないのではないか、キャリアや人事考課に影響するのではないか、今まで通り仕事ができるのか、偏見の眼で見られるのではないか、等々挙げればきりがないくらいあるのです。

また、復帰間際になると不安が高まり、症状が再燃することもあります。焦りのあまりその不安を抱えたまま、無理に復帰して直ぐに再発することも珍しくありません。1年という長い休職期間にも留意する必要があります。

復帰時にいかにこれらの不安を取り除けるかということも必要です。その役割として、上司であったりカウンセラーであったりしますが、対応や言葉だけの接し方だけでは十分ではありません。そもそも、何が原因で不調に至ったのか、その原因を取り除いているのか、復帰プランはできているのか、上司のフォローのタイミングや内容は検討したのか、就業上の配慮事項はなにか、などについて取り組んだ後に、どのような接し方が適切かというステップへ移ります。

例えばですが、上司は「いきなり全力を出さずに徐々にペースを上げていけば良い」とか「何か困ったことがあれば相談に乗ってあげたい」と思っている上司は多いのですが、それを復帰時にちゃんと伝えているとなると少なくなるのが現状です。相手に伝えなければ相手の不安を軽減することはできません。

できれば復帰前に、職場復帰支援ができる専門家からアドバイスをもらい、サポート体制を整えることと、上司による面談と専門性を持ったカウンセラーによる面談をすることで、かなり、再発の危険を下げることができます。

補足

再発防止に向けての具体的なアドバイスまでは文字数的にできませんが、ご連絡を頂けましたら幸いです。

カウンセラー
復職支援
休職
メンタルヘルス
カウンセリング

回答専門家

見波 利幸
見波 利幸
( 東京都 / メンタルヘルスコンサルタント )
主席研究員
03-3282-1358
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

感動を伴う研修こそが、効果のある結果が出る研修です

人は必ず成長します。感動する事で心を開き、自分を見つめるからこそ「気づき」が生まれます。人は「気づき」さえ生まれれば、もう既に80%は変わっています。更に、「やって行きたい」という気持ちが加わる事で、真の行動変容が可能となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

復職支援のカウンセリングはある?

法人・ビジネス 企業メンタルヘルス 2010/07/28 13:26

うつ病で休職していた社員が、このたび復帰することになりました。
1年ほど休職していたため、復職については本人も期待と不安があるようです。
受け入れ側としても、どのように接したらよいか知… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

普通に接してあげて下さい 藤澤 優(組織コンサルタント) 2010/07/28 14:19
積極的な姿勢がうれしいです! 武神 健之(メンタルヘルスコンサルタント) 2010/07/28 23:04

このQ&Aに類似したQ&A

メンタルヘルス対策として、企業が用意すべき制度は? 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答6件
従業員カウンセリングの効果的な方法は? 専門家プロファイルさん  2010-08-17 14:57 回答2件
メンタルヘルスを崩した社員への休職の奨め方 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:25 回答3件
うつ病の可能性がある社員への対応 専門家プロファイルさん  2010-07-22 15:20 回答4件
管理職向けと一般従業員向けのカウンセリングの違いは? 専門家プロファイルさん  2010-10-21 11:57 回答1件