状況によって判断がかわります - 小松原 敬 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

状況によって判断がかわります

2010/07/27 14:53

まず43条但し書き道路ですが、役所のほうで但し書き道路でOKと言われているのであれば、建てられます。
建築審査会は大抵月に一回開かれますが、役所の事前審査がOKだったら追認するだけですので、書類仕事が増える程度で設計期間中になんとかなると思います。
私も何度かやったことありますがそれほど大変という事もないです。

気に入っておられる土地で、家を建てるのに支障なく、長く住まわれるおつもりでしたら、そのまま建てていいと思います。

ただ、不動産会社に関しては間違った情報をもとに売っていたわけですからなんらかの賠償を求めてもいいと思います。
少なくとも、但し書き道路を申請する手間が発生しているわけですから。

もし、資産価値や何十年か先の再建築をどうしても気にされるのであれば白紙撤回を求める事はできると思います。その場合は、法律の専門家に相談される事をお勧めします。

但し書き道路がどのような状況なのかはわかりませんが、ご依頼なさっている設計事務所にきちんとした見解を聞くのが一番です。
その上で、建築を進めるかやめるのかをご自身で判断なさってください。

申請
建築
設計
土地
審査

回答専門家

小松原 敬
小松原 敬
( 神奈川県 / 建築家 )
一級建築士事務所 オフィス・アースワークス 代表
045-314-5360
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

富士北山の木で家を建てませんか

富士の裾野で育った産地直送の天然乾燥無垢材を使って、エコで健康的な家造りをしませんか。無垢材対応金物工法・特殊ビスによる5倍耐力壁で、耐震等級3でありながら風と光が通る大開口をもつパッシブデザインの家がリーズナブルに建てられます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

43 条但し書き道路の土地について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/07/27 00:15

建築家が建築確認の事前相談に市に問い合わせに行ったところ、建物が建てられない土地だということが判明しました。どうやら建築基準法第42条第2項に該当しない道路で、43条但し書き道路になる… [続きを読む]

やなぎさーわさん (埼玉県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

道路幅員 陣内 利行(建築家) 2010/07/27 02:39
建築の可否を早々に整理 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/27 11:13
43条但し書きのリスク 高橋 正典(不動産コンサルタント) 2010/07/27 11:43
弁護士に相談することをお勧めいたします。 中原 秀樹(不動産業) 2010/07/27 12:16
43条但し書き道路について 井上  享(建築家) 2010/07/30 00:24

このQ&Aに類似したQ&A

契約後、井戸発覚。⇒重要事項説明書に記載なし。 豚カルビさん  2016-02-29 00:57 回答1件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
不動産会社のミスによる損害賠償 ten10さん  2010-09-14 22:58 回答3件
土地購入後の越境問題 マーヤさん  2014-09-30 02:29 回答1件