建築の可否を早々に整理 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

西垣戸  重成

西垣戸  重成
不動産コンサルタント

6 good

建築の可否を早々に整理

2010/07/27 11:13
(
5.0
)

やなぎさーわさんこんにちは。住まいのコンシェルジュの西垣戸 重成と申します。


 先日のお話から、またまた困ったお話になりましたね。最終的には法律家に相談いただくことが必要かと思いますが、住宅を建てる目的が達成できないことが明らかであれば、遡っての契約の白紙撤回及び損害賠償の対象になると考えます。


また、住宅ローンのことが心配です。審査時に、42条の2項道路として審査した結果の融資であれば、最悪、一括もしくは一部返済を求められる可能性も否定できなように思います。


先ずは、当敷地で建築することを優先されているようですから、建築の許可を取得するための必要事項を整理してください。何をクリア-すれば建築が可能なのか、また、それはクリア-できる条件なのかということです。


その結果、いずれにしても確認申請上で判明することですから、金融機関にその事実を報告し、ローンの融資額も含めてご相談する必要があるように思います。


申請上では建築が可能でも、融資に不都合が認められ建築に影響が出ることも考えられます。


心身ともに大変だと思いますが、良い方向にお話が進むことをお祈り申し上げます。

契約
申請
確認
審査
ローン

評価・お礼

やなぎさーわ さん

本当です。またまた困った話になってしまいました。
現在は弁護士を通して交渉をすすめています。
お金と時間があれば建築はできるようですが、建築の許可を取得するためにさまざまな問題があるようです。
また住宅ローンのことはすごく気になります。建物のローンもあるので、その土地のことが分かっていて、言わないのはまずいんでしょうね?このあたりも、法律の専門家に相談したと思っています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

43 条但し書き道路の土地について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/07/27 00:15

建築家が建築確認の事前相談に市に問い合わせに行ったところ、建物が建てられない土地だということが判明しました。どうやら建築基準法第42条第2項に該当しない道路で、43条但し書き道路になる… [続きを読む]

やなぎさーわさん (埼玉県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

状況によって判断がかわります 小松原 敬(建築家) 2010/07/27 14:53
道路幅員 陣内 利行(建築家) 2010/07/27 02:39
43条但し書きのリスク 高橋 正典(不動産コンサルタント) 2010/07/27 11:43
弁護士に相談することをお勧めいたします。 中原 秀樹(不動産業) 2010/07/27 12:16
43条但し書き道路について 井上  享(建築家) 2010/07/30 00:24

このQ&Aに類似したQ&A

契約後、井戸発覚。⇒重要事項説明書に記載なし。 豚カルビさん  2016-02-29 00:57 回答1件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
不動産会社のミスによる損害賠償 ten10さん  2010-09-14 22:58 回答3件
土地購入後の越境問題 マーヤさん  2014-09-30 02:29 回答1件