単なる矯正治療の前に診断すべきこと - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

根岸 春

根岸 春
歯科医師

- good

単なる矯正治療の前に診断すべきこと

2010/07/18 22:49
(
5.0
)

れいわ医院根岸です。
現状がたまたまそうなってしまったものならば、どこの矯正専門医にいっても大きな違いはないのでしょうが、
あなたの現在の状態が決して良くないことにも拘わらず、あなたの体が作った結果である場合にはそれを修正しませんと無理矢理に歯や顎を合わせても元に戻ろうする可能性が出てきます。
具体的に申し上げますと、それを直接行うのは筋肉の持続緊張です。下顎が右に寄っているかは断定出来ませんが、左右の歯の位置と滑舌の件がありますので可成り疑わしいものです。俗に言う、骨がずれている、歪んでいるという状態ですが、体のどこの骨にせよ自力ではずれませんし、またそれを保つことは出来ません。筋肉の持続緊張があるから可能になることです。そのようなときは、通常体の他の部分も緊張して痛み凝り等が出現します。
このような問題が何パーセント絡んでいるかによって治療の予後が変わります。別の方向から見ると、身体緊張が減少すれば気分的に楽になることも多いのです。

歯を動かす矯正治療では、歯を全て並べた長さが歯を支える骨の長さより短くなければ歯は綺麗には並ばないのですが、歯を抜いて間引かなければならないかどうかを決めるテクニックには医師により差があります。
筋続緊張がある場合、それが旨く治療できるかにより、外科処置にも当然影響が出ます。
歯科治療以外にもなにか検討すべきです。

残念ながら総合的な診断が出来る矯正専門医は多くはありません。大学病院なら大丈夫とも言い切れません。

矯正
緊張

評価・お礼

くねェ~ク さん

根岸さんこんにちは。
返答ありがとうございます。

症状の原因は、筋肉の持続緊張にあり、筋肉の持続緊張を改善しなければ問題解決に至らないということでしょうか?

質問ですが、歯治療以外とは、矯正以外にも外科手術もということでしょうか?
矯正や外科手術以外にもなにかということでしょうか?

あと、ネット上で症例(画像付)を探していても、ただの受け口の例ならあるのですが、酷似してる例がみつからなかったので、
『総合的な診断が出来る矯専門医』
にみてもらいたいのですが、診てもらえそうなところが素人目線で大学病院くらいしか思いつきません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

口の噛み合わせについて

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2010/07/18 02:40

生まれつき受け口で、小学4年生くらいのときに矯正をして治したのですが、
中学校1年の後半の頃から段々戻ってきて、一年後くらいにはまた元の(それ以上!?)受け口になってしまいました。

状況は、
・… [続きを読む]

くねェ~クさん (東京都/17歳/男性)

このQ&Aの回答

受け口治療 梅田 和徳(歯科医師) 2010/07/18 10:33
矯正治療について 倉田 友宏(歯科医師) 2010/07/21 09:43
受け口の矯正治療 大原 輝久(歯科医師) 2010/07/18 03:42
受け口(下顎前突)の治療について 磯野 浩昭(歯科医師) 2010/07/18 09:28
Re: 口の噛み合わせについて 吉岡 秀樹(歯科医師) 2010/07/20 15:03

このQ&Aに類似したQ&A

受け口 しゅうこさん  2014-01-14 12:02 回答1件
水平に生えた親知らずの抜歯 ななんさん  2013-07-19 01:24 回答2件
反対咬合です 最初は島田紳助だったのですが 内田さん  2008-06-10 02:22 回答2件
顎関節症と過蓋咬合です Shingo36さん  2015-06-21 16:03 回答1件