金銭消費貸借契約に伴う住所変更につきまして - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

藤原 鉄平

藤原 鉄平
不動産コンサルタント

2 good

金銭消費貸借契約に伴う住所変更につきまして

2012/03/04 14:54

初めまして。不動産コンサルタント藤原鉄平と申します。

【ご質問の件につきまして】

>本審査及び金銭消費貸借契約前に…(中略)…でしょうか。(銀行がOKするかどうか)

⇒可能です。

以前は、引渡(決済)後の登記手続きの手間等を踏まえ、引渡(決済)前の住民票移転が、一つの条件のように行われておりました。

しかしながら、今現在では、各市町村窓口の要請(実態に沿った住民票の移転要望)もありまして、必ずしも、大手の金融機関では、金銭消費貸借契約前や引渡(決済)前に、住民票の移転は必要とされなくはなりました。(※引渡後におきましては、当然、住民票の移転は必要です。)

販売会社からの要請もあるかと思われますが、住民票の移転にかなりの抵抗があるようでありましたら、無理をして行う必要はないかと考えます。

ご質問者様より、お住まいになられる市町村窓口から、実態の沿った要請があった旨を、金融機関や販売会社に伝えれば、恐らく解決されるはずでしょう。

【軽減措置のための住民票移転】

登記手続きにあたっての軽減措置を受けるために、本審査及び金銭消費貸借契約前並びに引渡(決済)前に、住民票移転の要請を受けることも、場合によったら、あるかもしれません。

しかし、これにつきましては、他の専門家の方がおっしゃられていますように、大抵の司法書士であれば、軽減措置が受けられるように(※新築の場合であっても)、法務局への提出書類を作成してくれるはずです。

したがって、この点に関するご心配も不用かと存じます。

回答になりましたでしょうか?

不動産コンサルタント藤原鉄平
任意売却のご相談は http://fireworkers.jp/

契約
消費
登記
移転
住民

(現在のポイント:8pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの金銭消費貸借契約に伴う住所変更について

住宅・不動産 不動産売買 2010/07/14 16:27

こんにちは。新築マンション(建設中)の不動産売買契約を結び、住宅ローンの銀行の仮審査も通過しました。今後の本審査及び金銭消費貸借契約にあたり、販売会社より住民票を購… [続きを読む]

junichi123さん (愛知県/27歳/男性)

このQ&Aの回答

新築マンションの住宅ローンと住民票移転 向井 啓和(不動産業) 2010/07/14 17:20
住宅ローンの金銭消費貸借契約に伴う住所変更について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/14 17:46
金融機関から要求される住所変更について 真山 英二(不動産コンサルタント) 2010/07/15 14:35
家屋証明書の発行要件の確認 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/14 20:38

このQ&Aに類似したQ&A

不動産売買契約に於いての手付金返還について ホームラン王さん  2009-06-16 17:43 回答1件
一年以内の住宅買い替えについて まいひめさん  2008-10-11 14:29 回答1件
新築マンション購入について ともふみさん  2016-03-13 21:59 回答1件
不動産売買について stream1496さん  2015-09-21 00:26 回答1件
ローン審査不合格の為、契約白紙について ケンケン2さん  2015-03-04 07:21 回答1件