「借入金利」と「利回り」の比較がポイントです! - 荒川 雄一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

- good

「借入金利」と「利回り」の比較がポイントです!

2007/06/29 15:38

フクさん、はじめまして!
国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。
私は、投資アドバイザーとしてのスタンスで回答したいと思います。

まず、単純に、当たり前のことですが、現在の借入れ金利1.5%よりも高い利回りを上げられるかどうかがポイントといえます。

頂いている情報に限りがある為、結論的に言えば、現在の収入でローンの支払いや生活費が賄え、今回お手元に入った資金4千万円が完全な「余裕資金」であるならば、運用にまわされることをお薦めします。

4千万円の原資で、16年後に7千万円にすることは、さほど難しい資産運用ではありません。

私の考えでは、この資金を円建てと外貨建てに分散し、それぞれで投資を行うことが宜しいかと思います。

円建てについては、比較的「価格変動性」の少ない投資信託で、分散投資をする方法が考えられます。

また、外貨投資の場合、投資信託(ファンド)を購入しなくとも、米ドル建預金で5%前後の利息が付くものもあるので、複利効果を狙って固定金利で運用するのも安全な方法といえます。

外貨の比率をあまり高めたくないのであれば、債券よりも価格変動のブレが少ない非常に安定運用しているヘッジファンドなどを組み込むことも、分散効果を高めることができます。

また、より安全性と運用効率性を高めるために、収入からの余剰金が出せる時期からは、円建て並びに外貨建てで、“ドルコスト平均法”を用いた投資信託などの積立投資を併用されることをお薦めいたします。

尚、借入れ金利が上昇してきた段階で、一部円建て資金を切り崩して、繰上げ返済にまわすことも考えるべきでしょう。

海外で設立された投資信託(ファンド)を用いた「国際分散投資」は私の専門分野ですので、もしご興味があれば、HPを一度ご覧頂ければ幸いです。
http://www.ifa-japan.co.jp/

回答専門家

荒川 雄一
荒川 雄一
( 東京都 / 投資アドバイザー )
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

借入金と資金運用

マネー お金と資産の運用 2007/06/25 14:46

44歳のサラリーマンで年収は約1千万円、家族は妻、子供(18歳、16歳共男)です。現在住宅ローンが4千万円ほどあり、金利は3年もの優遇金利が全期間適用され、現在の金利は約1.5%であと2年位あります。2年後には変動金… [続きを読む]

フクさん (千葉県/44歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの完済をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/25 17:53
他の家計収支全体にプラスになる項目も掲げましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/25 19:20
目標までの16年を最大限に利用することです。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/25 20:51
具体的な比率は詳細な情報が必要です。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/06/25 16:20
計算は簡単ですが… 2007/06/25 23:17

このQ&Aに類似したQ&A

長期/資産運用について G-SHOCKさん  2012-09-12 01:03 回答2件
短期間の資産運用について。 ちんすこうさん  2008-08-26 16:56 回答5件
資産運用について 猫娘さん  2007-07-19 14:48 回答3件
300万の運用方法 しづりんさん  2007-07-03 23:14 回答4件
今後の家計費運用・貯蓄について ストレイシープさん  2010-03-10 02:52 回答2件