それぞれのメリット・デメリットを知った上で選定する - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
関尾 英隆

関尾 英隆
工務店

- good

それぞれのメリット・デメリットを知った上で選定する

2010/07/13 09:14
(
5.0
)

キッチンの床材についてお悩みとのこと。他の部分が杉無垢材のフローリングと言うことですが、同じものでも問題ないと思います。その場合、杉材は柔らかく汚れやすいので、キッチン部分についてはマットを敷くなどの工夫が必要です。その他の材料としては、タイルやクッションフロアなどがあります。それぞれのメリット・デメリット下記に記します。ご検討の際の参考にしてください。

・杉フローリング
 メリット・・・他の部分と連続性が保てる。
        素材が変わらないので他より安い。
 デメリット・・傷が付きやすい
        汚れやすい
 
・コルクタイル
 メリット・・・柔らかいので長時間の立ち仕事で疲れにくい。
        モノを落としても割れにくい。
        断熱性が高いので足元が暖かく感じる。
 デメリット・・高い。
        他のフローリングと色の連続性がなくなる可能性がある。

・タイル
 メリット・・・いろいろな色や素材感の選択肢がある。
        意匠的にもリッチに見える。
 デメリット・・高い。
        硬いので疲れやすい。

・クッションフロア
 メリット・・・柔らかいので長時間の立ち仕事で疲れにくい。
        モノを落としても割れにくい。
        安い
 デメリット・・少々チープに見える


北欧のシンプルな家具にステンレスキッチンということであれば、インテリアデザイン的にはタイルがしっくりくるのではないでしょうか。

コルクタイルにも種類がたくさんあります。選定の場合には、十分吟味下さい。

デザイン
意匠
素材
材料
インテリアデザイン

評価・お礼

wakky8152 さん

詳しいご説明ありがとうございます。
コルクタイルのメリット、疲れにくさ・暖かさは私にとって重要なポイントでもあります。
よく検討してみます。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

キッチンの床材

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2010/07/13 06:11

現在中古マンションを購入し、リノベーションの計画をしています。
キッチン床材を迷よっています。
全体は杉無垢材のフローリングですが、キッチンは汚れやメンテナンスの面からも変えたほうがいいのでは・・・と… [続きを読む]

wakky8152さん (宮城県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

無垢材の特性とは 秋山 功(建築家) 2010/07/13 08:55
キッチンの床材は悩みますね。 米村 ふみ子(建築家) 2010/07/13 09:03
キッチンで無垢フローリングは使えるか? 加藤 明伸(エクステリアコーディネーター) 2010/07/13 09:39
無垢材フローリングの樹種と塗装方法によっても変わります。 菅 道(建築プロデューサー) 2010/07/13 10:37
同じ無垢材の床のほうがいいと思います 横山 彰人(建築家) 2010/07/14 15:05
好きなものを選んでください! 水野 友紀子(インテリアデザイナー) 2010/07/15 08:16

このQ&Aに類似したQ&A

マンションリフォームの工期遅延について質問です。 ガンダムさん  2014-05-08 11:30 回答1件
マンションの階下への音を軽減するには ピクシーさん  2011-02-14 18:19 回答3件
壁移動費用について教えてください。 harutaimamaさん  2011-01-30 13:31 回答1件
ガスコンロかIHか・・・ wakky8152さん  2010-06-05 12:47 回答8件
一昔前のキッチンを低予算で現代風に。 Kenji999Tokyoさん  2009-05-12 17:43 回答2件