解体工事の進行具合によるのでは - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
広川 明弘

広川 明弘
行政書士

- good

解体工事の進行具合によるのでは

2010/07/11 22:47
(
5.0
)

川崎市の行政書士・FPの広川です。

亡くなった時点で、解体工事が始まっていたとしても、その進行具合により、
建物という不動産を相続したのか、材木などの動産を相続したのか、
分かれることになろうかと思います(たとえば、外周の垣根を少し壊しただけなら、
建物は建物としてあるので)。また、仮に取り壊したものが「ゴミ」
のようなものだったとしても、それもある意味、相続財産ではありますので、
念のため申し上げます。

建物は固定資産税評価額が相続税計算上の評価になりますから、
固定資産台帳に載っているのであれば、その価額が一般的には
相続財産の価額になりますが、死亡時点で「それはもはや建物ではなかった」と
主張するなら、それなりの何かがいるように思います(税理士さんか税務署が
詳しいと思います。)。生前の日付の領収書があっても、単なる
前金かもしれませんので、それだけで解体を主張できるかは、
どうでしょうか。建物の評価額を入れるかどうかで、相続税申告
対象になるかどうかが決まるのであれば、ネットだけでなく、
きちんと事情を具体的に説明して、専門家のアドバイスを
受けたほうが良いように思います。

また、建物の解体日は、解体完了日と捉えるのが一般的かと思います。
他の不動産の名義変更は、特にその建物が台帳に載っているかどうかとの
関連はないので、協議が整っているのであれば、早いほうが良いように
思います。

なお、今回は関係なさそうですが、他の方の回答に、抹消登記は司法書士と
いう回答がありますが、表示の登記なので基本的に土地家屋調査士さんの
業務になります。ご参考まで。

行政書士
登記
相続税
相続

評価・お礼

ちは さん

広川様
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

解体した建物の相続について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2010/07/11 14:29

お尋ねします。
5月末に亡くなった被相続人が所有していた建物なのですが、被相続人が生前中に解体作業を開始していました。
解体途中で亡くなった為、解体完了は亡くなってからです。
その後、建替… [続きを読む]

ちはさん (山形県/41歳/女性)

このQ&Aの回答

相続人が滅失登記を申請します。 真山 英二(不動産コンサルタント) 2010/07/11 16:00
解体した建物の相続について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/11 17:28

このQ&Aに類似したQ&A

相続について(初歩的な質問かも知れません) okasamさん  2009-12-11 19:39 回答1件
意思表示ができない母の相続について まさこ38さん  2014-12-24 16:00 回答1件
遺産相続について ゆりとさん  2008-08-28 23:49 回答1件
贈与税(相続時清算課税)について ケプリさん  2008-08-17 12:12 回答2件