本人・家族居住用に限定 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
佐嘉田 英樹

佐嘉田 英樹
不動産コンサルタント

- good

本人・家族居住用に限定

2010/07/07 19:01
(
5.0
)

はじめまして。不動産コンサルティング会社のACMプランナーズ株式会社の佐嘉田です。

 さて、ご質問の「中古収益物件の購入における住宅ローンの適用」についてですが、まず住宅ローンの対象となる不動産物件は、本人または家族が居住する住宅」すなわち自宅、ということが大前提です。したがって、住民票がその不動産に移さないと借りられません。
 したがって、収益物件の購入資金として住宅ローンは利用することはできません。

 もし収益不動産購入資金について、アパートローン、投資用マンションローンなどを使うのが一般的です。ただし、物件の所在地、面積、構造規模などによって、いろいろ基準がありますので、金融機関でご確認ください。

 この場合、当然住宅ローン減税については適用できません。その不動産に居住することが要件となっています。

補足

 上の回答を書いているうちに、もしかして自宅を増改築して、その一部を賃貸するということでしょうか。この場合、確かに住宅ローンの適用要件で「居住スペース50%以上」をクリアすれば住宅ローンは借りられると思います。
 住宅ローン減税については、「床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住の用に供するもの」が適用要件ですので、それもクリアできると思います。ただし、ローン残高の算定にあたっては、居住部分と非居住(賃貸)部分とを分けて、居住部分にあん分計算することになると思います。詳しくは税務署に確認された方がいいでしょう。
一方で、賃貸部分のローン支払利息や減価償却費は損金計上でき、税金を減らす効果が出てきます。

 なお、このような増改築については、用途変更の建築確認が必要になると思いますので、設計士や銀行によく相談された方がいいでしょう。
 当然、このような工事費や諸経費がかかってきますので、具体的に家賃収入でいくら収益が上がるのか、ローン返済額や減税効果などを算出していかないと、本当の比較検討は難しいと思います。

 万一ご質問文の解釈に誤解がありましたら、申し訳ございません。より詳しくご説明いただき、そのうえで改めてご回答をさせていただきます。

不動産
住宅ローン

評価・お礼

takatama さん

早速の回答、ありがとうございます。 説明不足の指摘もありがとうございます。
現在の状態で賃貸部分が 居住スペース(居住します。)より 1坪分ほど大きいということでした。

ローン控除が 案分になるとは考えてませんでした。(ローン2000万借入予定)。
収入は、現給科500万と 賃貸収入見込み200万程度です。

おっしゃる通り、。収益物件は利息もアップしますし、
ローン控除対象外なので、素人考えしてみました。
割に合わなそうですが一応、行員に計算してもらってみます。ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古収益物件の購入において住宅ローンの適用

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/07 17:32

自分でいろいろ調べてみましたが、計算の仕方がわかりません。アドバイスをお願いします。
 子供の教育費のたしになればと
 中古収益物件 を購入予定です。
 住宅ローン適用条件… [続きを読む]

takatamaさん (北海道/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
適正な住宅ローンに関して katou_2012さん  2013-03-19 01:48 回答2件
購入しても大丈夫でしょうか? matya41さん  2010-06-23 17:10 回答8件