建築できた事例 - 富樫 孝幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

建築できた事例

2010/07/06 21:07
(
5.0
)

こんにちは。プラネット環境計画の富樫孝幸です。
家づくりを考えるといろいろ問題も生じてきますね。

さて、敷地の一部に『赤線動』がある件ですが一般的には「赤道」と
呼ばれ、農道や里道として扱われています。

その中でも現在も里道として利用されている場合と利用されていない場合では
取り扱いが異なるようですので役所で調べたほうがいいと思います。

今まで同様の事例で建築が出来たケースは、「赤道」が里道として
利用されていないことを役所の土木部等で確認し、その後「払い下げ」の
手続きを行いました。

結果、宅地として建築計画を行い無事完成した事例があります。
「払い下げ」までの期間は2ヶ月程度を有しました。
里道として利用されている場合は払い下げはできないようです。

まずは役所で利用形態等を調べ、「払い下げ」が可能か確認されては
いかがでしょうか。

「払い下げ」を行わない場合あるいは出来ない場合は一般の建築基準法の
適応範囲となり接道方法を検討するか、他の緩和処置の運用が可能か
検討する必要があります。

まずは、「赤道」の扱いについて調べてみてはいかがでしょうか。

問題
建築

評価・お礼

亮くんパパ さん

回答有難うございました。
 具体的な事例でのご説明だったので非常にわかり易く、今後の動きをイメージしやすかったです。
 お話の内容を参考にして、動いてみようと思います。

富樫 孝幸

メッセージ、ありがとうございます。
順調に家づくりが進むといいですね。

回答専門家

富樫 孝幸
富樫 孝幸
( 東京都 / 建築家 )
有限会社 プラネット環境計画 代表 一級建築士
03-3363-5591
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

東京の建築家と建てる木の家づくり

自分らしく暮らせる、シンプルな家。光と風を感じる家。家族が元気に暮らせ、帰りたくなる家。そして、強いこと。そんな家を一緒につくりませんか。

(現在のポイント:8pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住まいの建替えでの接道問題

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/07/06 17:01

住まいの建替えをする上で、法務局で地図を入手したところ建替え予定地が「建築基準法上の道路」に接していないことが分かりました。
 地図上では建替え予定地から「建築基準法上の道路」までの間に『… [続きを読む]

亮くんパパさん (岡山県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

2mの接道をどうとるか 小松原 敬(建築家) 2010/07/06 18:39
役所との十分な協議を 佐嘉田 英樹(不動産コンサルタント) 2010/07/06 17:53
里道の払い下げ 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/06 19:29
43条許可申請では?? 安田 和人(建築家) 2010/07/06 20:05
「里道の払い下げ申請」 袋谷 千栄子(建築家) 2010/07/07 00:20

このQ&Aに類似したQ&A

位置指定道路の許可、寄付、使用 こまりねこさん  2014-07-29 16:20 回答2件
アルミサッシ窓の面格子の振動(共振) ななはちさん  2015-04-09 23:59 回答2件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件
不動産(土地)相続手続きについて f_miniさん  2013-02-19 17:57 回答1件