石膏ボードと耐震性に因果関係は無いと思われますが・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森 賢一

森 賢一
建築プロデューサー

- good

石膏ボードと耐震性に因果関係は無いと思われますが・・

2010/07/04 16:44
(
5.0
)

こんにちは、
相談内容を拝見しますと、石膏ボードを部分的に切り取って、またその場所に張りなおした、とあります。その際、ボード受け横桟を追加されたようですが、この横桟は構造補強の意味を持つものではありません。つまり、部分的に張り替えようが1枚そっくり張り替えようが耐震性能に影響を及ぼすものではないのです。
文面から詳しいことはわかりませんが、それよりも水につかった程度の方が気になります。
床や壁の断熱はどうなったのでしょうか。床の合板は大丈夫だったのでしょうか。
本当の意味での専門家に一度相談されることをお勧めします。

耐震性
断熱

評価・お礼

agehaletter さん

早急なお返事ありがとうございます。

新しい見解で驚きました。

「石膏ボードを部分的に切り取って、またその場所に張りなおした」ご指摘の通りの状態です。

施工主側の見解では、ご指摘の「ボード受け横桟」に当たる部分の他に、もう1本「補強」として、横に板を渡しており、木材で補強してあるので、耐震には問題がないという見解でした。これに対して、他機関は、「補強」でバランスが悪くなりうるという見解でした。

森 賢一

森 賢一

agehaletterさんにもう一度申し上げます。通常の木造住宅で壁補強は筋交いのことを指します。伝統工法にある貫ならばある程度の水平力負担が可能ですが、軸組み工法(通常工法)で横桟(胴ぶち)にその能力はありません。それよりも水に浸かった(濡れた)対策のために行われた行為ですので、そちらの検証を専門的に行われる方が大切なことではないでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

水漏れ工事の後の補修

住宅・不動産 新築工事・施工 2010/07/04 16:14

新築に入居した直後に施工主側の工事過失で水道管が破裂して、水漏れが生じました。床下浸水・1階洋室内の一部壁と床が水濡れという状態で補修工事を行いました。床下の補修は特に無く、乾燥を待つ事になりま… [続きを読む]

agehaletterさん (神奈川県/20歳/女性)

このQ&Aの回答

石膏ボードは耐震要素にはほとんど参入しません 小松原 敬(建築家) 2010/07/05 12:26

このQ&Aに類似したQ&A

巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件
工務店が床鳴りの補修に来ない hahaさん  2014-12-04 22:07 回答1件
断熱の効果について 優柔不断中さん  2013-11-25 00:19 回答1件
建築士の設計ミス smile22sumaiさん  2013-02-11 19:13 回答1件
リビング・ダイニングの明るさについて ももこさんさん  2012-05-14 14:49 回答1件