口約束でも契約は有効です。 - 後藤 一仁 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
後藤 一仁 専門家

後藤 一仁
公認不動産コンサルタント

18 good

口約束でも契約は有効です。

2010/06/24 21:36
(
4.0
)

はじめまして。フェスタコーポレーションの後藤と申します。

大変ですね。ご心労をお察しいたします。

質問の文章を拝見する限り、貸主は当初、使用貸借(賃料が無料の契約)にしようとしたとのことですが、結局、毎月決まった賃料を受領するという一般の賃貸借契約に変更したとのことですし、民法上、口頭でも契約は成立することから、現在の賃貸借契約は有効であると思われ、Hayamaさんは居住する権利(借家権)によって守られていると思われます。

この場合、貸主は基本的には賃貸借契約を解除する為には、正当な理由が必要で、半年前に借主に伝える必要があります。

よって、現段階においては、


1.hayamaさんは、すぐに出て行く必要は無いと思われます。

2.法律上、貸主からの契約解除には、「正当事由が必要」で、「半年前に借主に通知をしなければならない」というにもかかわらず、半年より早期の解約に応じても構わないということであれば、引越にかかる費用等は請求が可能であると思われます。


しかし、ポイントは、5万円という賃料設定が周辺相場に比べ、どのくらい乖離しているかであるかと思いますが、例えば相場の半分以下であるなど、相当安い賃料で借りられていたのであれば、引っ越し費用などは請求しにくいかもしれません。

また、費用請求などで弁護士を利用するのも手ですが、その場合、正式に代理人として交渉を依頼する他に、法律相談(30分5,000円くらい)などを利用して、専門家としての意見やテクニックを聞き、法的な指示を受け、その指示に従って行ってみるのも良いと思います。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

契約
貸借
賃貸

評価・お礼

hayama さん

遅くなり申し訳ありません。
わかりやすいアドバイスありがとうございました。

回答専門家

後藤 一仁
後藤 一仁
( 東京都 / 不動産コンサルタント )
株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

本来、不動産は心を豊かにするもの。そんな不動産の何となく見えにくい部分を公正・透明に、わかりやすい言葉で説明し、依頼者様が安心して楽しく、必ず目的を達成できるように、家族が取引する時のような気持ちでアドバイスさせていただいております。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

至急お願いいたします。

住宅・不動産 住宅賃貸 2010/06/24 14:26

二年前の八月から、一軒家を借りて住んでいます。大家は義父の友人です。
私たち夫婦は、子供が出来たこともあり、主人の会社のファミリー寮に引っ越しを考えていたのですが、二年前に義父が、大家である父… [続きを読む]

hayamaさん (千葉県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

大家とのトラブル 向井 啓和(不動産業) 2010/06/24 15:38
借家権で保護される 佐嘉田 英樹(不動産コンサルタント) 2010/06/24 14:53
ご苦労お察しいたします。 浅井 佳(宅地建物取引主任者) 2010/06/24 15:20

このQ&Aに類似したQ&A

退去時立会いなしの場合 じゅんちさん  2012-10-23 22:08 回答1件
収入と家賃のバランスについて 関東管領さん  2011-12-07 11:43 回答1件
借地借家法での正当事由 3102040さん  2010-03-07 18:52 回答1件
退去時の借主負担について Cielさん  2007-08-22 17:36 回答1件