大家とのトラブル - 向井 啓和 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大家とのトラブル

2010/06/24 15:38
(
4.0
)

2年前の8月から賃貸開始であれば今年の2月より前に立ち退きの依頼を少なくとも大家サイドはしなければなりません。


下記借地借家法を参照ください。


(建物賃貸借契約の更新等)
借地借家法第26条第1項
『建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、当事者が期間の満了の一年前から六月前までの間に相手方に対して更新をしない旨の通知又は条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。ただし、その期間は、定めがないものとする。』


つまり、更新拒絶通知(立退き通知)は6ヶ月以上前にしなければならず、その条件を満たさない突然の立退き通知は無効、賃貸借契約は問題なく更新されます。また、6ヶ月以上前に通知すれば当然に更新を拒否できるのではなく、第28条記載の正当事由が必要になります。


正当な事由を貸主側が示さない限り更新拒否は難しいのです。


よってこの場合はまずは配達を証明する方法等で郵便を送り、一方的に「こちらは暫く上記の法律に基づき住ませて頂くが、2年以内に出て行く」と伝えられたら宜しいのではないかと思います。その際に5万の家賃は必ず継続的に払い続けてください。(法務局へ供託するにしても、本人口座に払うにしても…そうしないと自分が不利になります。)


書面が無いのが弱い点ではありますが、法律上は守られるはずなので公的なところへ相談されたら良いと思います。引っ越し費用に関してはちょっと微妙かと思います。取れるとしても相当大変で「費用対効果が低い」と思います。(千葉簡易裁判所や市町村の窓口等へご相談を)


千葉簡易裁判所はこちらです。
http://www.courts.go.jp/chiba/about/syozai/chibamain.html

貸借
トラブル
裁判
立ち退き

評価・お礼

hayama さん

遅くなり申し訳ありません。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

回答専門家

向井 啓和
向井 啓和
( 東京都 / 不動産業 )
みなとアセットマネジメント株式会社
03-3442-2709
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

至急お願いいたします。

住宅・不動産 住宅賃貸 2010/06/24 14:26

二年前の八月から、一軒家を借りて住んでいます。大家は義父の友人です。
私たち夫婦は、子供が出来たこともあり、主人の会社のファミリー寮に引っ越しを考えていたのですが、二年前に義父が、大家である父… [続きを読む]

hayamaさん (千葉県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

口約束でも契約は有効です。 後藤 一仁(不動産コンサルタント) 2010/06/24 21:36
借家権で保護される 佐嘉田 英樹(不動産コンサルタント) 2010/06/24 14:53
ご苦労お察しいたします。 浅井 佳(宅地建物取引主任者) 2010/06/24 15:20

このQ&Aに類似したQ&A

退去時立会いなしの場合 じゅんちさん  2012-10-23 22:08 回答1件
収入と家賃のバランスについて 関東管領さん  2011-12-07 11:43 回答1件
借地借家法での正当事由 3102040さん  2010-03-07 18:52 回答1件
退去時の借主負担について Cielさん  2007-08-22 17:36 回答1件