住宅資金に係る税金について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

住宅資金に係る税金について

2010/06/24 00:16
(
1.0
)

:akairoさん、初めまして。ファイナンシャルプランナーの新谷と申します。

具体的な税務判断は避けさせて頂きますが、住宅取得等資金贈与の特例をフル活用しては如何でしょうか。

この特例制度の内容は、「平成22年度中の住宅取得のための贈与を1500万円が無税で贈与でき、暦年課税である110万円と組み合わせた場合1610万円まで贈与税がかかりません。

この制度はさらに、「相続時精算課税制度」との併用が可能ですので、1500万円+2500万円まで、非課税です。どちらを選ばれるかは、今後の贈与の必要性や、財産額、相続なども絡んできますので熟考して下さい。

相続時精算課税制度は適合用件があり、一度選択すれば以後暦年課税制度には戻れません。


FPオフィス クローム

ファイナンシャルプランナー 新谷義雄

http://1st.geocities.jp/office_chrome

税務
贈与税
相続
税金
住宅資金

評価・お礼

akairo さん

ご回答ありがとうございました。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅資金に係る税金について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/06/23 21:05

2010年に住宅を購入することになりました。
そこで、親から資金の援助を受けることになりました。どのように資金を投入していくと節税できますか?

夫の父(66歳)から1500万円援助しても… [続きを読む]

akairoさん (千葉県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅取得資金にかかる税金の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/24 16:26
住宅取得資金の贈与ならまとめる方が得策です。 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/06/24 00:54

このQ&Aに類似したQ&A

住宅資金、全額現金払いと住宅ローン 虎哲さん  2010-01-20 12:39 回答3件
団信に入れない。住宅ローンの審査、信用情報 mmsa130318さん  2014-10-30 00:19 回答1件