選択肢は2つ。どちらに進むにも御社の真の強みが必要。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
睦好 正治

睦好 正治
経営コンサルタント

7 good

選択肢は2つ。どちらに進むにも御社の真の強みが必要。

2010/06/18 12:18

中小企業診断士の睦好(むつよし)と申します。
scottie 様、会社経営者としての苦しい状況お察しします。

選択肢は2つです。
(1)今の市場に残るか(2)新たな市場に進出するか。

(1)市場全体が低迷しているなら、同業他社とて同じ状況のはず。競合他社にも倒産や廃業する企業があらわれてきているかと思います。彼らにも顧客はついていたはずです。残った顧客を引き取ることができれば、あなたの存続できるはずです。
 構造不況業種と呼ばれる印刷業や繊維業において今生き残っている企業は、このパターンに属します。
 取引先を失った見込み客(企業)が、どうすれば、あなたの企業に乗り換えてくれるか?そこから考えてみてください。

(2)未経験の市場に進出するのは、相当な準備をしなければなりません。成功するには、これまで積み上げたノウハウを活かすことが大切です。
 土木工事や建設業から、新規事業として農業、環境対策、といった分野に進出して一定の成果をあげている事例もあります。
 国や自治体には、新規事業進出を後押しする制度があります。自治体の中小企業支援窓口、商工会議所、等で相談に乗ってもらえるはずです。全国84ヶ所に設置された中小企業応援センター 、http://www.smrj.go.jp/chiikiryoku/ もあります。

 なお、人件費の削減は、不可避な一面はありますが「従業員のモチベーションの低下」「有能な人材の流出」といったリスクがあることに留意してください。企業に生き残りについて、経営者が本気になっていることを見せなければ、人はついてこず、人がいなければ事業は存続せず、新事業も展開できません。

 ご質問の状況から資金繰も悪化しているものと察します。役員報酬の削減は当然として、有休資産の洗い出しと売却、固定資産の売却といった、キャッシュの調達については、早目に検討し計画を立てておいてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

市場及び事業縮小時の会社経営の考え方について

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2010/06/18 11:34

市場及び事業縮小時の会社経営について、考えておくべきこととはどのようなことなのでしょうか?市場は縮小傾向、それに伴い売上も減少傾向という中で人件費を削減して何とか赤字を回避するという状況です。このような時に会社の経営者が考えるべきこと、意識して取り組むべきこととはどのようなことなのでしょうか??

scottieさん (愛知県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

ピンチをチャンスに変える。 下村 豊(経営コンサルタント) 2010/06/18 13:41
迷ったらビジョンに戻る 篠田 法正(ビジネスコーチ) 2010/06/18 11:41
「買いたい気持ち」 水内 終一也(経営コンサルタント) 2010/06/18 12:02
状況によりますが、これだけは必ず! 本田 秀継(経営コンサルタント) 2010/06/18 12:33
経営革新(第二創業)への取り組み 飯田 伸司(経営コンサルタント) 2010/06/18 12:39
2つの方向性 野本 愛貴(起業コンサルタント) 2010/06/18 15:01
新規事業開設というメニューも・・・ 荒井 信雄(起業コンサルタント) 2010/06/19 13:30
資金繰り改善と事業の黒字化の検討・着手が必要 八ッ波 泰二(経営コンサルタント) 2010/06/23 15:13
市場が縮小したというよりも変化したと考えるべきです 工藤 英一(経営コンサルタント) 2012/06/28 19:33

このQ&Aに類似したQ&A

Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
企業の「ビジョン」「ミッション」「バリュー」の策定 doraemonbanzaiさん  2011-05-24 14:25 回答2件
社員からの自社株の買い取り請求について lest2000さん  2010-03-01 07:43 回答2件
零細企業のグループ化?提携? KAZBEATさん  2010-01-09 20:48 回答4件