終身保険より教育資金を! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

3 good

終身保険より教育資金を!

2010/06/15 07:37
(
4.0
)

とくめいさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

お子さんの教育資金を契約者貸付で借りるなんて、とんでもない話です。
契約者貸付といっても借入ですので、利息が発生します。
どのような進路になるかを考えた上で、しっかりと準備していきましょう。

今の保険料はどう考えても多すぎます。
保険での貯蓄はあまり効率的ではありませんし、その為に貯蓄ができないのもおかしな話です。

たとえ住宅を購入されたとしても、2000万円の死亡保障では不足気味です。
掛け捨ての保険でお子さんが大きくなるまでの保障を確保しましょう。

その上で、今の保険は解約し住宅購入のための諸費用に充てることをお勧めします。
100万円では諸費用分にも不足します。

30代前半ですと、医療保険、死亡保険を合わせても2万円くらいで確保できるでしょうから、いまより5万円以上は節約できます。

その上で、お子さんの教育資金を積み立てていきましょう。
都内にお住いということですと、中高一貫校に行くことになるかも知れませんよ。
そうなると、大学資金を積み立てていけるのは小学生の間です。

貯蓄性の保険を継続するよりも、お子さんのための貯蓄を増やすことをお勧めします。

補足

住宅ローンに関してはとくめいさんのこれからの収入次第だと言えます。
ず~と130万円程度なのか、ある程度たったら、正社員もあり、なのかで全く異なると思いますが、3000万円くらいに抑えたほうが無難だと思います。

3000万円を35年返済で2.5%で考えると、毎月の返済額は10.7万円程度です。

保険
教育資金
大学
住宅購入

評価・お礼

とくめい さん

たしかに中高一貫校の可能性も考えられます。
保険は見直し、今後の教育費を最重視して貯蓄をしていきたいと思います。
ありがとうございました。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンと保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2010/06/14 23:29

30代前半の夫婦です。子どもは幼児2人です。
ずっと転勤族で社宅住まいの予定で、定年までは住まいにはお金がかからない前提で、貯蓄の代わりとして2000万円の外資系の終身生命保険に夫婦それぞれで加入し… [続きを読む]

とくめいさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aの回答

流動的な資産を増やすこと 菊池 洋光(保険アドバイザー) 2010/06/15 00:56
住宅ローンと保険の見直し 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2010/06/15 01:41
住宅ローンと保険の見直しの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/16 17:26
保険は貯蓄では無く保障と言う事を忘れない様に。 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/17 00:51
手持ち資金と目的に合った運用を 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/15 06:47
現在の家賃(10万円)に比べ! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/15 06:57
人生のハードルは手前のものから順に越えて行きましょう。 築地 聡(保険アドバイザー) 2010/06/15 11:52

このQ&Aに類似したQ&A

第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
医療保険と教育資金についてご相談です。 rinrin0708さん  2013-01-26 23:45 回答2件
生命保険で老後資金貯蓄は難しいでしょうか? momo03さん  2012-10-18 11:39 回答2件
保険の見直し(共働き)、余裕資金の運用について milktea2さん  2013-12-27 15:33 回答3件
保険と住宅ローンについて どんちゃさん  2012-05-14 15:36 回答2件