カーテンのスタイルについて - 丸山 千里 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

丸山 千里 専門家

丸山 千里
インテリアデザイナー

8 good

カーテンのスタイルについて

2010/06/10 14:10

よんまま様
こんにちは、以前にもご回答させていただいたデコラドールの丸山千里と申します。
再びご提案いたします。

ご質問のドレープの使い方ですが、リビング掃出窓は両開きカーテン、腰高窓はシェードで良いと思います。特に上げ下げ窓でしたら、シェードの方が使い勝手が良いでしょう。
柄はもちろん全てお選びの生地で良いのですが、今回お選びのA9234は横ストライプなので、高さの違う窓には柄の出方(色の始まりと終わり)をお気を付けください。
ちょっと遊び心を入れてオシャレにまとめる方法の一つとして、掃出窓はそのまま横ストライプ、 腰高窓は生地方向を変えてタテストライプにする方法もあります。
全体の柄をおさえたい場合は、無地生地でシェードを作られても良いです。
もちろんロールスクリーンなどの組合せも考えられますが、
折角麻のような風合いの素敵な生地をお選びなので、全窓”布の風合い”を楽しまれた方が良いと思います。

また、レースに関してですが、
窓枠内に納めるのとそうでないのとで、その使用方法(=スタイル)は異なります。
ダブルシェードは厚みがでるので、窓枠の厚みは大丈夫でしょうか?
窓枠外に付ける場合は、窓からドレープまで隙間が気になるかもしれません。
さらにダブルシェードは窓周りがすっきりと使えて良いという利点がありますが、反面、レースを頻繁にお洗濯される方には面倒な点も否めません。
主婦の立場から申し上げますと、ドレープはシェードにして、レースは取外しの簡単な通常のカーテンスタイルが良いと思います。このようなスタイルも一般的です。

先ずは取付け位置を確認され、次によんまま様の生活スタイルに応じて日常の使い勝手が良い形をお選びください。

窓周りは使い勝手が良く、またインテリアの一部として素敵に楽しく飾って下さい!

DECORADOR
http://www.decorador.co.jp

カーテン
窓枠
インテリア
方法

回答専門家

丸山 千里
丸山 千里
( 東京都 / インテリアデザイナー )
DECORADOR デコラドール 店長 / デザイナー
03-5491-7444
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カーテン選びにお困りの方にプロの視点からアドバイス致します!

日本の住宅業界においてインテリア、特にカーテンは未だに遅れている分野で業界内でも本当に理解されている方は少数なのです。洋服等でおしゃれを楽しむのと同じようにカーテン楽しんで頂きたいと思っています。驚くほどお部屋の雰囲気を変えられますよ!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

カーテンについての相談です

住宅・不動産 インテリアコーディネート 2010/06/10 10:43

以前もカーテンの相談でお世話になりました、よんままと申します。
その際は有難うございました。
以前の相談で、リビングの掃きだし窓のカーテンをアスワンのオーセンスA9234に
決定しようと思って… [続きを読む]

よんままさん (大阪府/34歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

鏡面のドアに合うインテリアと照明 hibi_memeさん  2009-08-31 00:50 回答1件
LDKの色づかい スナッグルさん  2008-06-20 02:36 回答1件
家具の色の選び方 まい&さん  2007-12-01 21:29 回答2件