住宅取得資金の贈与税の非課税枠とは - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
西垣戸  重成

西垣戸  重成
不動産コンサルタント

1 good

住宅取得資金の贈与税の非課税枠とは

2010/05/31 18:55
(
5.0
)

はじめまして、住まいのコンシェルジュの西垣戸 重成と申します。

結論から申し上げると、残念ですが非課税にはなりません。

親から贈与された子、本人がその持ち分を持つ必要があり、そのため奥様に
対する贈与1000万円の内、その他同年に奥様に対する贈与がなければ、
890万円(1000万円-110万円)が贈与税の課税対象となります。

そこでひとつの案としては、tatsuさんが直接、奥様の親御さんから借入する方法が
あります。

一方、今回の奥様の保証人とは、物上保証人のことではありませんか?担保提供者
となるだけであれば、個人の信用は問われないと思います。ご確認ください。

もしそうでなければ、物上保証人(担保提供者)で済む金融機関を選択する方法も
あります。

贈与税
贈与
住宅
保証人
担保

評価・お礼

tatsu729 さん

ありがとうございます。

相続時精算課税制度で妻が親より贈与をうけ、私に貸付たらうまくいきますかね?

西垣戸  重成

西垣戸  重成

ご返信有難うございます。
確かに、仰るとおり相続時精算課税制度を利用されれば、贈与税の心配はありませんね。
将来の相続税の課税対象になるだけです。良くご存じですね。

また、ご存知かも知れませんが、個人間の貸し借りの場合でも通常の金融機関並みの
条件で契約、そして返済を継続しているかどうかなどを問われる場合もありますので
ご注意下さい。一度、税務署等に注意点をご確認されることをお勧めいたします。

また、この借入部分は住宅ローン控除の対象にならないこと、そして一度奥様が相続時
清算課税制度を選択されると、二度と暦年課税の非課税枠110万円の利用はできなく
なりますからご承知ください。

では、ご参考になればなによりです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

贈与について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/05/31 18:11

マンションを購入予定。妻と共同名義で購入を考えていましたが、
ローン審査で共同名義の妻を保証人にしてくれと言われましたが、妻の個人情報があまりよくなく、私一人名義で購入することになりました。

しかし共… [続きを読む]

tatsu729さん (大阪府/33歳/男性)

このQ&Aの回答

金消契約でなく持分割合でスッキリに 三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/05/31 20:02
金融機関の変更をおすすめ致します。 真山 英二(不動産コンサルタント) 2010/05/31 21:00
贈与の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/06/01 08:25
やはり共有方式が良いと思います。 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2010/05/31 21:32

このQ&Aに類似したQ&A

担保提供者兼連帯保証人の審査 ももままさん  2014-12-29 09:00 回答2件
住宅ローン審査について hug1102さん  2012-07-05 07:47 回答1件
住宅ローン審査について サユさん  2009-03-01 03:08 回答3件
住宅購入に伴う親からの援助について。(長文) 銀兎さん  2009-09-03 09:08 回答1件
フラット35Sにおける担保提供者の借入残高と信用情報について てるてるぼうずさん  2016-03-05 00:48 回答1件